“鍋欲”をひとりしゃぶしゃぶで満たしてきた「七代目 松五郎 宮益坂上店」

東京都

2022.03.23

LINEでシェア
はてなでシェア
“鍋欲”をひとりしゃぶしゃぶで満たしてきた「七代目 松五郎 宮益坂上店」

最後にみんなでワイワイ鍋をつついたのは、3年近く前。それでなくとも鍋奉行の友人に任せきりの横着者の私は、自分でつくるという発想もなく、長らく食べていないのがしゃぶしゃぶです。共感してくれる方、きっと多いはず! 焼肉ほど重くなく、体があたたまり、お腹にパワーがみなぎるあの感じを久々に味わうべく、ひとりしゃぶしゃぶに行ってきました。

目次

閉じる

ひとりだけど鍋が食べたい、そんなときは渋谷宮益坂へ

さっぱりポン酢と濃厚ごまダレに胃袋をつかまれる

締めはしっかりダシが嬉しい春雨麺

ひとりしゃぶしゃぶのハードルは高くない

ひとりだけど鍋が食べたい、そんなときは渋谷宮益坂へ

渋谷にしゃぶしゃぶをひとりで気張らずに食べられる店がオープンしたと聞いて行ってきました。その名も「ひとりしゃぶしゃぶ 松五郎 宮益坂上店」。

七代目 松五郎 宮益坂上店

ちょっと覗いただけで「いらっしゃいませー!」と元気な声が。店内に入らずに、まずは外のカウンターで注文する先払いスタイルです。

七代目 松五郎 宮益坂上店

サイズと種類を選択するので、3回目くらいで自分のベストが掴めそうです

野菜はS・M・Lの3サイズから選ぶことができ、お肉も1種類ごとにS(50g)・M(120g)・L(180g)から選択できます。ここにご飯をつけるか、締めの麺か春雨をつけるのが基本セットです。お肉の量が想像つかなかったので「女性ならSサイズで3種類くらいがちょうどいいですよ」というスタッフさんにおすすめされるがまま、3種類をチョイスしました。

名前の書かれた専用チケットが発券されます

名前の書かれた専用チケットが発券されます

ここで覚えておいてほしいのが、注文時に名前を聞かれること。なんでだろうとドギマギしながら名前を伝えます。どうやら注文内容が書かれた専用のメニューとチケットをつくってくれるよう。

大きな声で名前を呼ばれてオーダーが店内に伝えられる様子。嬉しいような、ちょっと恥ずかしいような……

大きな声で名前を呼ばれてオーダーが店内に伝えられる様子。嬉しいような、ちょっと恥ずかしいような……

嬉しかったです。よし、これからしゃぶしゃぶするぞ、と気合が入ります。

さっぱりポン酢と濃厚ごまダレに胃袋をつかまれる

店員さんにおすすめを聞くのが絶対にハズさないコツだと思っています。こちらで2013円

店員さんにおすすめを聞くのが絶対にハズさないコツだと思っています。こちらで2013円

こちらが今回私がオーダーしたセット。お野菜(M)、国産牛カルビ(S)、山西牧場 肩ロース(S)、多香味豚 バラ(S)に締めの春雨をつけました。席はすべてカウンターで、1席に1つずつ専用の鍋がついています。

平日のお昼を少し過ぎたくらいにお邪魔したのですが、客層は20~30代の女性ばかり。白とオレンジを基調とした店内は、手元を見なければコスメサロンに来たかのような雰囲気です。ひとり〇〇はさまざまありますが、なんというか、とっても余裕がある。音楽を聴きながらしゃぶしゃぶする方、スマホ片手にしゃぶしゃぶする方など、みなさんそれぞれが自分のペースで楽しんでいるのが印象的でした。

ロゴも、壁の柄もポップ。「松五郎」って英字にするとこんなにかわいくなるんですね

ロゴも、壁の柄もポップ。「松五郎」って英字にするとこんなにかわいくなるんですね

おいしそうなお肉を目の前にキョロキョロしていたのは私くらいだったのですが、すかさずスタッフさんが食べ方の説明をしに来てくれたので、ひと安心です。

マスク越しでも笑顔が素敵なのが伝わる店長の北山さん

マスク越しでも笑顔が素敵なのが伝わる店長の北山さん

タレはポン酢とごまダレの2種類。「ポン酢にはネギをたっぷり」「ごまダレにはニンニクチップとラー油がマストです」とのこと。初めての組み合わせでしたが、ごまとニンニクの風味で食欲が刺激され、もやしやニンジンといったシンプルな野菜がどんどん進む。柑橘が効いたポン酢は、カルビや豚バラの脂をほどよく中和してくれるので、こちらもどんどん進む、という悪魔的組み合わせを発見してしまいました。

ごま×ニンニク×ラー油。家でも試してみたくなりました

ごま×ニンニク×ラー油。家でも試してみたくなりました

その場で塊肉からスライスしているフレッシュなお肉

その場で塊肉からスライスしているフレッシュなお肉

焼肉のイメージが強いカルビですが、薄くスライスされているのでしつこくなく、さらっと食べられます。肩ロースは厚みがあってしっかりとした食べ応え。豚バラは脂の甘みを楽しめて、それぞれの味わいを堪能できました。

締めはしっかりダシが嬉しい春雨麺

締めは魚介系のタレに野菜や肉のダシが出たスープを注ぎ、ゆでた春雨を入れて春雨麺に。スープの濃さを自分で調整できるのが嬉しいところ。ここまでお肉をたくさん食べたはずなのにスルンといけてしまうのは、春雨のおかげ以上に、肉の脂がいい意味で残っていないからでしょう。ラーメンでも、ひょっとするとお肉もう1種でもいけたかもしれません。

ひとりしゃぶしゃぶのハードルは高くない

今までひとり〇〇というだけで肩に力が入っていた私。ですが、いちどその敷居をまたいでしまえば、拍子抜けするほど気楽に楽しむことができたのが「松五郎」でした。長らくしゃぶしゃぶしていなかった人にとっては、好きなお肉を好きなだけ楽しめる嬉しい選択肢だと感じられるはず。席と席の間も適度に空いているので、密を気にすることもありません。「お鍋が食べたい!」「お肉が食べたい!」そんな欲がむくむく増している方は、ぜひ足を運んでみて。きっとお店を出るころには、腹の底からパワーが湧いてくるはずです。


◆ひとりしゃぶしゃぶ 七代目松五郎 宮益坂上店

住所:東京都渋谷区渋谷2-9-11インテリックス青山通ビル1F
アクセス:渋谷駅から徒歩約6分
営業時間:11:30~22:00
電話番号:03-6427-9231

宮益坂を直進し、右側スターバックスの看板が見えてきたらそのすぐ先です

Related Tag

#渋谷 #鍋 #ひとりしゃぶしゃぶ #松五郎

Author

編集部

ゴトウ

1990年生まれ。書籍制作の編集プロダクションでペット、レシピ、健康系の実用書の制作に携ったのち、2014年にブランジスタメディア入社、現編集部へ。「月刊旅色」「旅色プラス」「MaRiche」のほか、「旅色」台湾版の立ち上げや、星野リゾートとのコラボ別冊「HOTEL STYLE BOOK」を担当。LIKESコミュニティの声かけ番長。

Articles

春を探して浅草フォトウォーク! 写真家・こばやしかをる先生に教わる撮影講座

1月31日(月)締め切り! 旅色のファンコミュニティ「旅色LIKES」三期生募集中

また会いたくなる、行きたくなる新潟へ-「旅色FO-CAL」新潟市

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

東京都

2022.09.28

【川瀬良子の農業旅】都心の農家「山内ぶどう園」 で旬の味覚を収穫!

川瀬良子

農業旅

  • NEW

大分県

2022.09.27

「月刊旅色10月号」より長濱ねるさんのオフショットを公開! 

ホソブチ

編集部

  • NEW

全国

2022.09.27

長濱ねるさんのコーデを解説! &スタイリストが実践する旅ファッションの心得とは?

ホソブチ

編集部

  • NEW

全国

2022.09.27

【鈴木ちなみのお取り寄せ旅】秋の味覚・栗きんとん~岐阜の紅葉スポットを添えて~

鈴木ちなみ

お取り寄せ旅

  • NEW

全国

2022.09.26

長濱ねるさんの旅アイテム2選&旅先のファッションとメイクについて【連載vol.7】

ホソブチ

編集部

  • NEW

大分県

2022.09.26

長濱ねるさんが絶景のブランコへ! 大分県佐伯市の旅|月刊旅色2022年10月号

旅色編集部

TABIIRO

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

農業旅農業旅

川瀬良子

編集部

ホソブチ

お取り寄せ旅お取り寄せ旅

鈴木ちなみ

TABIIRO

旅色編集部

鉄道旅鉄道旅

なお

ホテル評論家

瀧澤信秋

親子旅親子旅

青木裕子

九州&着物旅九州&着物旅

かっきー