お気に入りのサウナを探そう!今日はどこでととのう?

今、話題のサウナで “ととのう” を体験する

最近のサウナブームで、“ととのう”という言葉を耳にする機会も増えてきました。そこで、サウナ初心者でも楽しく“サ活”ができるよう、“ととのう”メカニズムから実践、サウナの楽しみ方、そしておすすめのサウナ施設を紹介します。

人気ランキングはこちら▸

エリア別で探す

ウワサの“ととのう”に迫る!

いったい“ととのう”ってどんな感じ? “ととのう”を科学する

サウナーたちが熱く語る“ととのう”とは、「サウナ→水風呂→外気浴」を3セットほど繰り返すことで訪れる一種の恍惚感。ランナーズ・ハイや、アスリートのゾーンに例える人もいますが、ただやみくもに頑張ってサウナに入れば得られるというものではありません。サウナによる温熱刺激、水浴による冷刺激で交感神経を活性化し、そしてホッと一息つく外気浴で副交感神経の働きが一気に優位となる時、“ととのう”至福な瞬間が訪れます。

ビギナーでも安全にととのいたい! “ととのう”を実践する

サウナに入る時間は、初心者は5分くらいから始め、慣れたら10分程度に。サウナの温度は、入口から奥へ、下段から上段へ行くほど熱くなるので、慣れるまでは温度低めの場所から始めましょう。水風呂は1分程度が推奨ですが、これも無理せずに。そして、“ととのう”ためには外気浴が肝心。水風呂から上がって体を拭いたら、ゆったりできるチェアにすみやかに向かい、5~10分、心臓の鼓動や血流に耳を傾けてリラックスしましょう。

人気のロウリュやアウフグースにもトライ “ととのう”を楽しむ

もっとサウナを楽しむなら、ロウリュやアウフグースも体験してみましょう。フィンランド発祥のロウリュは、熱したサウナストーンにアロマ水をかけて水蒸気を発生させるもので、新陳代謝やリラックス効果を促します。ロウリュには、施設側で定期的に行うオートロウリュと、自分でアロマ水をかけるセルフロウリュがあります。また、ロウリュで発生した熱い水蒸気をタオルであおぐのがアウフグース。熱波師のタオルさばきも見ものですよ。

近場の“サ活”からテントサウナまで シーンで満喫するサウナ

温泉施設やスパ併設のサウナだけでなく、最近では本格的なサウナが楽しめる素敵な施設が増えています。女性専用のサウナや、着替えから休息まですべて個室で完結するソロサウナ、仕事帰りや隙間時間に気軽に利用できる近郊型のサウナ、そして、自然のなかでアウトドアサウナが楽しめるテントサウナ常設の施設などなど。自分のスタイルに合うサウナを探し、ぜひ生活のなかに楽しいサウナ活動、“サ活”を取り入れてみてくださいね。

“ととのう”ためのサウナマナー

サウナの前は、髪を含め、全身を洗ってから入るのがマナー。そして固く絞ったタオルで体を拭いてからサウナに入ります。水風呂に入る前も、汗をシャワーで軽く流してから。また、サウナは思いのほかハードなので、“ととのう”体験してみたいからと無理をするのは禁物です。つらいと思ったら、一段ギアを下げて行いましょう。事前の水分補給はもちろん、外気浴の休息時に水を飲むのも忘れずに。

ウワサの“ととのう”に迫る!

いったい“ととのう”ってどんな感じ? “ととのう”を科学する

サウナーたちが熱く語る“ととのう”とは、「サウナ→水風呂→外気浴」を3セットほど繰り返すことで訪れる一種の恍惚感。ランナーズ・ハイや、アスリートのゾーンに例える人もいますが、ただやみくもに頑張ってサウナに入れば得られるというものではありません。サウナによる温熱刺激、水浴による冷刺激で交感神経を活性化し、そしてホッと一息つく外気浴で副交感神経の働きが一気に優位となる時、“ととのう”至福な瞬間が訪れます。

ビギナーでも安全にととのいたい! “ととのう”を実践する

サウナに入る時間は、初心者は5分くらいから始め、慣れたら10分程度に。サウナの温度は、入口から奥へ、下段から上段へ行くほど熱くなるので、慣れるまでは温度低めの場所から始めましょう。水風呂は1分程度が推奨ですが、これも無理せずに。そして、“ととのう”ためには外気浴が肝心。水風呂から上がって体を拭いたら、ゆったりできるチェアにすみやかに向かい、5~10分、心臓の鼓動や血流に耳を傾けてリラックスしましょう。

人気のロウリュやアウフグースにもトライ “ととのう”を楽しむ

もっとサウナを楽しむなら、ロウリュやアウフグースも体験してみましょう。フィンランド発祥のロウリュは、熱したサウナストーンにアロマ水をかけて水蒸気を発生させるもので、新陳代謝やリラックス効果を促します。ロウリュには、施設側で定期的に行うオートロウリュと、自分でアロマ水をかけるセルフロウリュがあります。また、ロウリュで発生した熱い水蒸気をタオルであおぐのがアウフグース。熱波師のタオルさばきも見ものですよ。

近場の“サ活”からテントサウナまで シーンで満喫するサウナ

温泉施設やスパ併設のサウナだけでなく、最近では本格的なサウナが楽しめる素敵な施設が増えています。女性専用のサウナや、着替えから休息まですべて個室で完結するソロサウナ、仕事帰りや隙間時間に気軽に利用できる近郊型のサウナ、そして、自然のなかでアウトドアサウナが楽しめるテントサウナ常設の施設などなど。自分のスタイルに合うサウナを探し、ぜひ生活のなかに楽しいサウナ活動、“サ活”を取り入れてみてくださいね。

“ととのう”ためのサウナマナー

サウナの前は、髪を含め、全身を洗ってから入るのがマナー。そして固く絞ったタオルで体を拭いてからサウナに入ります。水風呂に入る前も、汗をシャワーで軽く流してから。また、サウナは思いのほかハードなので、“ととのう”体験してみたいからと無理をするのは禁物です。つらいと思ったら、一段ギアを下げて行いましょう。事前の水分補給はもちろん、外気浴の休息時に水を飲むのも忘れずに。

シーンに合わせて「サウナ」を探そう!

自分好みのプライベート空間に 独り占めの個室サウナ

周囲を気にすることなく、プライベート空間で楽しめる個室サウナ。感染防止対策の観点からも、注目されてきています。ひとりで楽しむソロサウナはもちろん、カップルや気の合った友人同士での利用も増えているのだそう。さて、個室サウナのメリットは、好みの温度で利用できること。サウナーなら、こだわりの温度設定や入り方のスタイルも人それぞれ。サウナ室で自分好みの場所をキープする煩わしさがないのも嬉しいポイントです。

個室サウナをエリア別で探す

楽しみ方のシーンもさまざま 気軽にスパ&サウナ

昨今のサウナブームで、スパやスーパー銭湯に、フィンランド式サウナや塩サウナなどの本格的サウナを併設している施設も増えています。温泉気分を味わいながらサウナを満喫し、さらにはエステやマッサージ、岩盤浴などを備える施設も多いので、盛りだくさんに楽しめます。また、なかなか足元まで温まりにくい冷え性の人も、お湯にゆったり浸かってからサウナに入れば全身ムラなく温まり、より“ととのう”を体験しやすくなりそうです。

スパ・温浴施設のサウナをエリア別で探す

大自然のなかでサウナを満喫 テントサウナの醍醐味

テントサウナの一番のメリットは、“どこでもサウナ”。川でも湖でも水道でも、水がある所なら、専用のテントを張ればどこでもサウナ浴を楽しめます。特に、湖畔や清流のほとりなど、アウトドアで楽しむサウナは格別。テントサウナを常設しているキャンプ場やグランピング施設なども増えており、気軽にテントサウナを体験できるようになっています。さわやかな空気に包まれて、熱い、冷たいを繰り返し、自然と一体化してみては。

テントサウナをエリア別で探す

サウナをエリア別で探す

よくあるご質問

  • 新垣結衣さんや米倉涼子さんが登場する「月刊旅色」をいつも楽しみにしていますが、最近は「旅色FO-CAL」も気になっています。旅色FO-CALについて詳しく教えてください。

    いつもご覧いただきありがとうございます。「旅色FO-CAL」は日本のローカルにフォーカスする旅色特別号で、はじめて訪れる土地で見つけた感動や興奮をお届けする電子雑誌です。毎月25日公開の「月刊旅色」とあわせて、旅色FO-CALも是非お楽しみください。

  • 旅色では観光情報だけでなく、旅館・ホテル、飲食店、レジャースポットの情報を取り扱っているかと思いますが、それぞれどのページを参考に選べばよいでしょうか。

    旅館・ホテル」「グルメ・飲食店」「観光・体験・レジャー」など、それぞれで専用のページを設けています。また「人気ランキング」「厳千宿」「テーマ別特集」など特別コンテンツでもご紹介しております。

その他の特集を見る

“日帰り温泉”という名のあそび
マリンアクティビティ
お気に入りのサウナを探そう!今日はどこでととのう?
ゴルフ旅のすすめ
グランピングという贅沢