宮島手づくり工房

エリア
広島県 / 広島
アクセス・周辺情報
アクセス・周辺情報
厳島神社表参道で作るマイしゃもじ
海に浮かぶ大鳥居で知られる厳島神社を有する宮島。鎌倉時代、厳島神社建設のために各地から招かれた宮大工や指物師の技術が受け継がれ、「宮島細工」と呼ばれる木工細工が盛んになった。なかでも、名産品のしゃもじは、厳島弁財天の持つ琵琶の形に似せて作られたと伝わる縁起物。「宮島手づくり工房」では、もみじや鹿、鳥居などの6種類の焼印をしゃもじに焼きつける焼印体験ができる。しゃもじの大きさは、長さ約7cmのキーホルダーから、40cmを超える大きなものまで選べる。また、宮島で撮った写真をしゃもじにプリントする写絵も人気。

インフォメーション

宮島手づくり工房 ( 広島県 / 広島 )

  • 住所
    広島県廿日市市宮島町566-1

    アクセス

    [電車]JR山陽本線宮島口駅から徒歩3分、宮島口桟橋からフェリーで約10分、宮島桟橋より徒歩約5分 [車]広島岩国道路廿日市ICから約10分、宮島口桟橋にて駐車、宮島口桟橋からフェリーで約10分、宮島桟橋より徒歩約5分
  • TEL
    0829-40-2731
  • 営業時間(開催期間)
    9:00~17:30、体験10:00~15:00※要予約
  • 定休日
    不定休
  • 料金
    焼印はキーホルダー400円、しゃもじ400円~、写絵は600円~※所要時間約15分~

SNS公式アカウント最新情報