瑞巌寺

エリア
宮城県 / 松島・塩竈・石巻・気仙沼
アクセス・周辺情報
アクセス・周辺情報
神社・神宮・寺院 / 歴史的建造物・遺跡・史跡
神社・神宮・寺院 / 歴史的建造物・遺跡・史跡
悠々たる東北の歴史、文化を訪ねて
天長5年、慈覚大師円仁によって開創された奥州随一の禅寺「瑞巌寺」。正式名称を「松島青龍山瑞巌円福禅寺」とし、現在は臨済宗妙心寺派に属している。現存する建物は、仙台62万石の祖、伊達政宗が4年の歳月をかけて建立した歴史的建造物で、豪壮かつ華麗な伊達文化を今に伝えている。2016年4月5日から、震災で修復中だった本堂の拝観が再開し、それに伴い国宝「庫裡」内部と、伊達政宗の正室愛姫の墓所「陽徳院御霊屋」の特別公開が終了する。また、修復工事の完了を祝う落慶法要は2018年6月24日に予定されている。

おすすめポイント

瑞巌寺宝物館「青龍殿」

青龍殿は、瑞巌寺の什宝(じゅう)を保管・展示する目的で、1995年にオープン。主な収蔵品は、10年の継続事業で修理された国重要文化財指定「本堂障壁画」、伊達家歴代藩主画像、書跡・墨跡、茶碗、歴代住職頂相(ちんぞう)など約30,000点だ。常設展示のほか、季節・テーマにより特別展示も行う。

庫裡(くり)<国宝>

「庫裏」とも書く禅宗寺院の台所。正面13.78m、奥行き23.64m。白壁と木組みのコントラストが美しく、大屋根の上にさらに煙出しが乗った巨大な佇まいが印象的だ。本来実用本位の建物に唐草や花肘木の彫刻が施されたことに、政宗公の美意識がうかがえる。

インフォメーション

瑞巌寺 ( 宮城県 / 松島・塩竈・石巻・気仙沼 )

  • 住所
    宮城県宮城郡松島町松島字町内91

    アクセス

    [車]東北自動車道大和ICより約30分 [電車]仙台線松島海岸駅より徒歩約10分
  • TEL
    022-354-2023
    旅色を見たとお伝えいただくとスムーズです。
  • 公式HP
  • SNS
  • 営業時間(開催期間)
    【拝観時間】4月~9月 8:00~17:00

    3月・10月 8:00~16:30

    2月・11月 8:00~16:00

    1月・12月 8:00~15:30

    ※なるべく閉門30前に入場
  • 料金
    参拝料金(個人):大人700円、小中学生400円
    ※ページ内の金額は、税込表示です。