【関東・埼玉】あじさいの名所9選 写真映え間違いなしのスポットをご紹介!

2024/05/01

【関東・埼玉】あじさいの名所9選 写真映え間違いなしのスポットをご紹介!

桜やチューリップ・ネモフィラなど春の花の見頃を過ぎると、あじさいが咲き始めます。あじさいの見頃は長いため、複数の名所に足を運んで楽しむ方も多いです。その一方で「あじさいは見たいけれど人混みは避けたい」と悩んでいる方もいるでしょう。そこで本記事では、埼玉にあるあじさいの名所を9カご紹介します。埼玉にはあまり知られていないあじさいの名所が多く、郊外のため敷地も広大です。各名所のロケーションの特徴・開花時期を知ったうえで、写真映えするあじさいをぜひカメラに収めましょう。

PR 旅色×Samsonite トートバッグが当たるプレゼントキャンペーン開催中! 自分らしさの見つかるスーツケースをラインナップ

【さいたま市】大宮第二公園

800株のあじさいを無料で楽しめる公園

約2,500㎡の広大な敷地に800株のあじさいが咲く大宮第二公園。西洋アジサイ、ガクアジサイ、カシワバアジサイなど4種類が植えられており、6月下旬頃に見頃を迎えます。毎年ニュースや新聞で開花の情報が伝えられるため、多くの方が写真撮影や散策に公園を訪れています。ガイドツアーや摘み取り体験などができるイベントは、家族でのお出かけ先としてもおすすめ。300台以上が停められる駐車場もあるため、車での来園も便利です。

【さいたま市】さいたま市園芸植物園

散策をしながらあじさい鑑賞ができる

一年中熱帯の植物を観賞できる温室を備えた植物園がさいたま市園芸植物園です。洋ランが有名な植物園ですが、散策しながらあじさいが楽しめるよう「あじさい通り」が整備されています。植物がお好きな方ならば、一日ゆっくり回って世界の植物を楽しめます。あじさいの見頃は6月の上旬頃から。無料で入園でき、時期が合えばめずらしい南国の花や果物、バラなども一緒に見られます。

【川越市】川越八幡宮

300株のあじさいが境内を彩る

川越八幡宮は、縁結び・安産の御利益がある「夫婦いちょう」で有名なスポットです。勝運をもたらし災厄を退ける八幡神を祀り、合格祈願やスポーツ大会などの勝利を願って一年中参拝客が絶えません。境内にはさまざまな品種のあじさいが約300株植えられており、毎年5月下旬~7月上旬にかけてあじさい祭と茅の輪くぐりの神事が併せて行われます。お祭りの時期はあじさいの花を浮かべた花手水も登場します。

【幸手市】幸手権現堂桜堤

一年中さまざまな花が咲く公園

幸手権現堂公園(さってごんげんどうさくらつつみ)は、一年を通してさまざまな花を楽しめるスポットです。4号公園に当たる桜堤は桜の名所として有名ですが、あじさいのフォトスポットとしても知られます。あじさいの見頃は毎年6月中旬頃で、100種、約1万株のあじさいが訪れる人の目を楽しませてくれます。休憩ができる峠の茶屋がスポットのすぐそばにあるため、幅広い年代が利用しやすい点も魅力的です。

【皆野町】美の山公園

山頂を彩る3,500株のあじさいは圧巻

秩父市と皆野町にまたがる標高約582mの蓑山(みのやま)山頂を整備した美の山公園。毎年6月下旬頃になると、約3,500株のあじさいが訪れる人の目を楽しませてくれます。軽いハイキングを楽しみたい方は、秩父鉄道和銅黒谷駅・皆野駅・親鼻駅から山頂を目指すのがおすすめです。ただし、雨天の際には足元に注意してハイキングを楽しみましょう。

【熊谷市】能護寺

写真提供:熊谷市

写真提供:熊谷市

熊谷市きってのあじさいの名所

妻沼(めぬま)の「あじさい寺」として親しまれている能護寺(のうごじ)。743年に行基によって開山し、後に弘法大師によって再建されたという伝説が残っています。境内には50種類800株ほどのあじさいが植えられ、見頃となる6月上旬になると県外からも多くの観光客が訪れます。なかでも、鐘楼堂を背景に咲くあじさいは映えポイントとして人気。

【加須市】玉敷神社

公園内にもあじさいが多数点在

市の天然記念物に指定されている大銀杏や神苑の藤をはじめ、四季折々の花が楽しめる玉敷神社。藤の名所として知られる場所ですが、隣接する玉敷公園内にはあじさいがそこかしこに植えられています。穴場スポットのため、あじさいをゆっくりと楽しみたい方におすすめ。周辺で開かれるあじさい祭では、例年人力車の乗車体験やあじさい苗のプレゼントイベントがあります。

【嵐山町】大龍山 金泉寺

住職お手製の花園に咲く5,800株のあじさい

大龍山 金泉寺は、400年の歴史を持ち、「あじさい寺」としても人気のスポットです。境内には住職が30年かけて植え続けたあじさいが約5,800株もあります。ガクアジサイ・アムステルダム・アナベルなど種類も豊富で、開花時期もずれているため、長期間であじさいを楽しめます。あじさいの季節には境内に休憩所が設置され、演奏会のイベントなども開催。長い歴史とともに作り上げられたあじさいの景色を写真に収めてみてください。

【小鹿野町】秩父ミューズパーク

一日中楽しめる総合アミューズメントパーク

秩父ミューズパークは、さまざまな施設が充実している総合公園です。あじさいは秩父ミューズパーク南口から約1.4kmに渡るスカイライン沿道に約3,000株が植えられています。天気が良ければサイクリングをしながら花を楽しむのもおすすめ。見頃は6月中旬から7月上旬。体を思いっ切り動かせるため、家族や仲間たちと遊ぶ場所としてもおすすめです。

まとめ

埼玉県内であじさいが楽しめるスポットを9カ所ご紹介しました。埼玉県内では、公園や植物園であじさいのイベントが多く、無料で楽しめるスポットも豊富です。郊外のため都心からもアクセスが良く、敷地も広いためそれほど混み合いません。写真映えも間違いないため、美しいあじさいをカメラに収めに足を運んでみてくださいね。

旅色編集部 おおもり

参考になりましたか? 旅行・おでかけの際に活用してみてください。

記事企画・監修:旅色編集部 おおもり

掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright MAPPLE, Inc.