立山連峰を望む、美しい四季の移り変わりを体感できる富山。
自然の恵みをいっぱい受けた旬のグルメをご紹介します

読む
旬の食材
ホタルイカ
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

つるりとした口当たりが人気の春限定海の幸

青白い光を放ち、海を彩るホタルイカは、春になると産卵のため海岸近くに押し寄せる。その海は、ホタルイカ群遊海面として国の特別天然記念物にも指定。富山湾産のホタルイカは艶があり、丸々と太って大きい。漁場が近いため鮮度も抜群だ。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    滑川市、射水市、魚津市、富山市

この時期のおすすめ
ホタルイカの酢味噌あえ

ホタルイカの甘みが引き立つ定番料理

富山では一般的な、ホタルイカの釜揚げに酢味噌とアサツキやミョウガなどを添えた“酢味噌あえ”。酢味噌とホタルイカの相性は抜群で、プリプリとした新鮮な身が持つ甘みを、酢味噌が一層引き立てる。ショウガ醤油で食べる刺身とは、ひと味違った美味しさだ。

美味しい豆知識

旬のホタルイカにはコクと旨味、栄養豊富で濃厚なワタもたっぷり。ほろりとした苦みもまた、酢味噌あえの美味しさのエッセンス。

旬の食材
クロマグロ(本マグロ)
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

部位ごとに味わいを変える刺身の王様

初夏は魚の王様、クロマグロの季節。氷見沖の定置網から水揚げされる大きなマグロのなかでも50kg以上のものを「クロマグロ」と呼び、その希少さから“海のダイヤ”と称される。トロ、赤身、テール、カマトロなど、部位ごとの味わいを堪能したい。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    氷見市

この時期のおすすめ
昆布〆

海の幸のコラボが起こす奇跡の味わい

さまざまな魚介類が水揚げされる富山で、刺身を日持ちさせるために生まれた「昆布〆」。魚を昆布に挟んで2~3日ほど置いておくと、昆布に余分な水分が吸い込まれ、また、魚には昆布の風味がほどよく染み込む。日本酒好きにはたまらない酒の肴だ。

美味しい豆知識

江戸時代、北前船が蝦夷地から日本各地へ昆布を運んだ道を「昆布ロード」といい、その寄港地であった富山で昆布〆は発達した。

旬の食材
赤カブ
ジャンル
野菜・果物

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

保存食として重宝されたビタミン豊富な野菜

富山県の五箇山地域で古くから栽培されていた紅カブの在来種。肉質は緻密で、煮てもやわらかくなりすぎず、風味がよいのが特長となっている。貯蔵性が高く、漬物にすると鮮やかな赤色に仕上がり、飽きのこない味わいは、年代問わず多くの人に好まれている。

  • 主な品種/ブランド

    五箇山カブ

  • 主な産地

    五箇山地方

この時期のおすすめ
ニシンの糀漬け

じっくり漬け込むと、美味しさがアップ

塩水で戻した身欠きニシンを、糀・米糠・味噌・醤油・ざらめ・みりん・唐辛子などと混ぜ合わせ、重石をして3ヵ月程度漬け込むと、ニシンの糀漬けが完成する。ニシンの旨味が凝縮され、そのまま切り身を生で食べても、さっとあぶって食べても美味しい。

美味しい豆知識

江戸末期から明治期に、北前船により北海道と交易のあった富山県では、昆布料理やニシン料理が地域に根付いている。

旬の食材
氷見ブリ
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

天然のいけすで大きく育った新鮮なブリ

“天然のいけす”と呼ばれるほど、餌が豊かな富山湾の海。港から定置網の漁場までの距離がとても近いため、傷もなく新鮮な状態で漁獲することができる。冬のブリは産卵期前で最も脂がのり、ひと際美味しい。刺身や煮物などさまざまな料理で食卓にのぼる。

  • 主な品種/ブランド

    氷見寒ブリ

  • 主な産地

    氷見市

この時期のおすすめ
ブリしゃぶ

白く色が変わった瞬間が絶好のタイミング

船の上で活〆にして鮮度を保った氷見寒ブリは、全国に名を馳せる高級ブランド。素早くおろして薄く切り身にし、さっと湯にくぐらせる。甘くとろけるブリが一層深みを増す味わい方だ。店ごとに異なるつけダレや、ポン酢やゴマダレで存分に楽しもう。

美味しい豆知識

刺身でも味わえる新鮮な寒ブリを、しゃぶしゃぶにする贅沢。あまり火を通しすぎず、表面が白くなった瞬間に引き上げよう。