海・山・川のどれもが豊かな三重は、グルメも多彩。
伊勢海老やアワビ、松阪牛など、
魅力的な食材が揃うグルメをご紹介します

読む
旬の食材
サザエ
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

春先から秋にかけては伝統の海女漁で水揚げ

海女漁と刺網漁で、ほぼ年中水揚げされるサザエ漁の最盛期は、3月末から5月頃にかけて。最も美味しいのもこの時期といわれる。生息する海域によって姿形が異なり、内湾では角なし、太平洋岸では角の立ったサザエがとれるが、いずれも美味で噛み応えも抜群。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    鳥羽市、志摩市

この時期のおすすめ
てこね寿司

漁師の即席弁当がルーツの志摩の味

カツオの刺身を醤油に漬けてご飯にのせた、伊勢志摩を代表する郷土料理。カツオの一本釣りを行う漁師が、漁の合間に船上で食べたのが始まり。それが、行事や祭りの際に各家庭で作られるようになった。現在ではカツオ以外にも、地元産の新鮮な魚で作られる。

美味しい豆知識

地元では、てこね寿司を作った翌日は、焼きおにぎりやピラフにして食べることも。加熱でカツオの食感が変わり、2度楽しめる。

旬の食材
アワビ
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

神事にも伝わる縁起物のアワビ

古くから伊勢神宮の神事でお供えされる「熨斗鮑(のしあわび)」に始まり、今も縁起物として重宝される。良質な海藻を食べて育ったアワビは身がよく締まり、コリコリとした歯応えと繊細な甘味が特徴。鳥羽や志摩のリアス式海岸では、海女漁業が行われている。

  • 主な品種/ブランド

    黒アワビ、赤アワビ、白アワビ

  • 主な産地

    鳥羽以南(海女・海士漁業)

この時期のおすすめ
伊勢うどん

お伊勢参りには欠かせないつるつるうどん

伊勢神宮近隣には、伊勢うどんを出す飲食店が軒を連ねている。つるつるとした、太めでやわらかなうどんに、カツオや昆布でとった濃い目のダシにたまり醤油を合わせたタレをかけていただく。コシや歯応えではなく、舌触りが絶妙な、シンプルな一品。

美味しい豆知識

最近では、「冷し伊勢うどん」も登場。麺はキンキンに冷やしたものより、さっと氷水で冷やした程度のものが美味しいとか。

旬の食材
マコモダケ
ジャンル
キノコ

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

クセがなくサクサク美味、健康的な万能食材

東南アジアでは薬用にも使われるおなじみの食材で、「ハナガツミ」ともいい、全国の水辺で見られる。タケノコに似た風味があり、淡白でサクサクした食感。ほのかに甘みもありローカロリーで、生食や和え物、煮物や炒め物にも向く。流通は少なめの貴重品だ。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    三重郡菰野町、度会郡大紀町

この時期のおすすめ
魚のじふ

市場に出ない魚を使った漁師町のすき焼き

寒い季節によく作られる、漁師町ならではの料理。白菜やネギ、エノキダケ、豆腐、糸コンニャクなどを、魚の切り身と一緒に酒やみりん、砂糖で甘辛く煮付けた鍋料理で、魚のすき焼きのような仕上がり。使う魚は主に青背のものでサバやソウダガツオが多い。

美味しい豆知識

尾鷲では「へか」とも呼ばれるじふは、魚のダシがよく出るので、仕上げにうどんや中華そばを入れても美味しい。

旬の食材
伊勢海老
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

真っ赤な殻から飛び出すプリプリの身

冬の伊勢では欠かせない味覚の一つ、伊勢海老。荒波の中で貝やウニや海藻を食べて育ったエビが、丸々と太って漁獲されるのがこの時期だ。豪勢な見栄えと、しっかりした肉質のプリプリとした食べ応え。姿造りに、焼きエビにと、まさに王者の風格だ。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    伊勢湾沿岸

この時期のおすすめ
焼きハマグリ

磯の香りが鼻孔をくすぐる魅惑の味

「その手は桑名の焼きハマグリ」の洒落言葉でも知られる名産品。一時は絶滅寸前まで漁獲量が落ち込んだものの、近年では漁師たちの努力により回復している。桑名のハマグリはプリッとした身が特徴的。磯の香りあふれる汁と一緒に、焼きたてをいただきたい。

美味しい豆知識

グルタミン酸などの旨味成分がぎっしり詰まったハマグリ。それを存分に味わうためにも、薄味で調理するのがコツだ。