加賀の趣を残した城下町・金沢をはじめ、伝統文化を体感できる石川。
海の幸に恵まれ、独特の郷土料理も多い石川のグルメをご紹介します

読む
旬の食材
サヨリ
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

桜の花が咲く頃に旬を迎える「花見魚」

石川県では春と秋に漁獲され、「花見魚」の愛称があるように春が旬のサヨリ。クセのない上品な味で、春には脂がのる。刺身や寿司、塩焼き、干物、天ぷらなど、どんな調理法でも美味しく、地元では煮干しにしてダシをとり、さまざまな料理に使われる。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    能登半島の富山湾沿岸域、七尾湾

この時期のおすすめ
能登丼

工夫を凝らした奥能登の味覚たっぷり丼

奥能登産のコシヒカリと水、メイン食材に地元産の旬の魚介・肉類・野菜・伝統保存食を使った丼。奥能登地域内の約60店舗が、山海の豊富な食材を使ってオリジナリティあふれる丼を提供している。塩分控えめ、動物性油脂を極力使わないなど、健康にも配慮。

美味しい豆知識

器にも能登産の珠洲焼や輪島塗などが使われており、見た目にも美しい。また、箸も能登産で、食事のあとでプレゼントされるお店も。

旬の食材
岩ガキ
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

手の平と同じくらい大きいカキ

プランクトンの豊富な能登沖で育った、手の平ほどの大きさを誇る天然岩ガキは、夏の能登半島名物。殻を開いくと、その身の大きさにびっくり! とれたてプルプルの白い身がつるりと喉を通れば、磯の香りが鼻に抜け、甘味と旨味が一気に押し寄せる。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    輪島市、羽咋市、珠洲市

この時期のおすすめ
ナスのオランダ煮

食欲が落ちる夏に食べたい加賀の郷土料理

ナスを油で揚げたり炒めたりした後に、ダシ、醤油、みりんを合わせた甘辛い汁で煮た料理で、石川県の人たちにとっては夏の定番惣菜。江戸時代に、油で揚げる・炒めるという西洋風の調理法が、長崎の出島から伝わったことから「オランダ煮」という名が付いた。

美味しい豆知識

暑い夏には、冷やして食べると口あたりがよく、食が進む。果肉がやわらかい、加賀野菜の「ヘタ紫なす」を使うとより美味。

旬の食材
サツマイモ
ジャンル
野菜・果物

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

ホクホクとして上品な甘さが特長

加賀野菜のひとつで、元禄時代に薩摩の国から持ち帰った種芋をもとに栽培されはじめた。主な産地の粟崎町は日本海に面した砂丘地で、通気性・保水性に富む砂粒の土壌が、格別に美味しいサツマイモを育む。肥料を減らしデンプン含有量が多いのが質のよさの秘訣。

  • 主な品種/ブランド

    五郎島金時

  • 主な産地

    金沢市粟崎町

この時期のおすすめ
蓮蒸し

手間をかけた、もてなしに最適な家庭料理

加賀レンコンをすり下ろし、キノコ類やギンナンなどと一緒にボール状にまとめたものを蒸し上げ、餡などをかけた料理で、代表的な加賀料理のひとつ。もちもちとした粘りが身上で、レンコンそのままを使った料理とはひと味違った食感が楽しめる。

美味しい豆知識

加賀レンコンは粘りがあるので、片栗粉なしでよくまとまる。ワサビやユズの小片などをトッピングすると、味がボケずに決まる。

旬の食材
ノドグロ
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

口の中が黒いので「ノドグロ」

標準和名をアカムツといい、石川県では真鯛やヒラメに勝るとも劣らない高級魚。秋から冬にかけて脂が乗り、「白身のトロ」と表現されるほど美味しい魚だ。輪島港に水揚げされたノドグロは、輪島のどぐろ「能登黒」(登録商標)としてブランド化されている。

  • 主な品種/ブランド

    能登黒

  • 主な産地

    輪島市沖

この時期のおすすめ
治部煮

つるつるとろりとした舌ざわりが魅力

薄く切った鴨肉に小麦粉をまぶし、石川特産の「すだれ麸」や野菜と一緒に醤油味のダシで煮込んだ郷土料理。肉に小麦粉をまぶす工程は日本料理には珍しく、より鴨肉をやわらかく味わうことができる。薬味のワサビと共に、アツアツをいただきたい。

美味しい豆知識

治部煮に使われる「すだれ麸」。その名の通り、小麦粉から取り出したグルテンを、すだれの上に帯状に広げて作られている。