2つの半島を有する独特の地形を持つ愛知。
多彩な"名古屋めし"や旬の海の幸など
魅力的な愛知のグルメをご紹介します

読む
旬の食材
フキ
ジャンル
野菜・果物

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

歯応えのよさと春の香りを堪能

全国の生産高の3分の2を占める愛知のフキ。なかでも、春の走りに収穫される「愛知早生」は、葉が1mもあり、大ぶりでやわらかく食べやすいため、煮物だけでなく、刻んでサラダに加えるなどして、フキそのものの風味を楽しむことができる。

  • 主な品種/ブランド

    愛知早生、愛経2号

  • 主な産地

    東海市、知多市

この時期のおすすめ
茹でシャコ

産地で食べたい、茹でたてのシャコ

寿司ダネとしてよく知られるシャコだが、おすすめの食べ方は塩茹で。茹でることにより、甘みと旨味が増して、身もふっくらとする。特に、産地でしか食べられない、茹で上がったばかりのシャコは絶品。生きたシャコをそのまま茹でたものなら身離れもよく、食べやすい。

美味しい豆知識

皮はハサミを使わず、手でむくほうが美味しい。茹でたシャコは頭につくツメに甘い身が隠れているので、押し出して味わおう。

旬の食材
早生とうがん
ジャンル
野菜・果物

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

さっくり、とろり、独特な舌触りの夏野菜

愛知県では安城市を中心に、小さな冬瓜が数多く栽培されている。広く流通している冬瓜とは違い、古くから伝わる在来種で、「あいちの伝統野菜」にも認定。実が肉厚で長持ちし、煮物や味噌汁の具としてはもちろん、とろみを生かしてポタージュにしても美味。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    安城市

この時期のおすすめ
あんかけスパゲティ

とろりとしたあんが絶妙のスパゲティ

名古屋のご当地グルメの一つとして、不動の人気を誇る一皿。炒めた極太のパスタに、ウインナーやタマネギなどが入ったトマト味のあんをたっぷりとかける。いわば「あんかけうどん」のパスタ版。スパイシーでジャンクな味わいに、やみつきになるファンも多い。

美味しい豆知識

目玉焼きをのせたもの、鉄板で供されるもの、オムレツで覆われたものなど、店によって違う味わいを楽しめるのも魅力だ。

旬の食材
筆柿
ジャンル
野菜・果物

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

甘さとビタミンCの多さが魅力のめずらしい柿

江戸時代には、三ヶ根山麓の農家の庭先に植えられていた、筆形の小ぶりな早生柿。渋い実も含まれる不完全甘柿だが、センサーで選別し、渋柿は渋を抜いて出荷される。皮ごとかじることができ、コリコリとした適度な歯応えと濃厚な甘さが楽しめる。

  • 主な品種/ブランド

    なし

  • 主な産地

    額田郡幸田町

この時期のおすすめ
どて煮

牛スジのコクと赤味噌の旨味が味覚を直撃

牛スジをダイコンなどの野菜と煮込み、赤味噌とザラメなどで甘辛く味付けた名古屋っ子のソウルフード。ゴボウやニンジン、コンニャクが入るものなど、さまざまな作り方があり、たっぷりのネギを添えてつまみによし、ご飯に乗せて「どてめし」にしてもよしの美味しさだ。

美味しい豆知識

名古屋名物の「味噌カツ」は甘辛いタレが特長だが、元は串カツをどて煮に浸して食べたのが始まり。芳醇なダシで美味しさが倍増。

旬の食材
ウナギ
ジャンル
魚介

旬の食材カレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

分厚い肉質で長年愛されるウナギ

愛知県は全国屈指の養殖ウナギの産地。天然のみならず、今では養殖ウナギの質の良さも実に秀でている。肉質もよく、焼き上げると分厚い白身と皮がパリっと、トロっと、絶妙の舌ざわりを生み出す。蒲焼、白焼き、そして肝吸い。すべてを味わい尽くそう。

  • 主な品種/ブランド

    一色産うなぎ

  • 主な産地

    西尾市、豊橋市、高浜市、田原市、知多郡東浦町


この時期のおすすめ
ひつまぶし

こんがりと焼き上げたうなぎの
3種の味わい

名古屋のうなぎの蒲焼は、表面をパリパリに焼き上げるのが特徴。香ばしさあふれる蒲焼を、ご飯の上に隙間なく盛る。最初はそのままいただき、2杯目はワサビや海苔などの薬味と一緒に。そして3杯目は茶漬けにしてさらりと味わう。味覚も胃袋も大満足の料理。

美味しい豆知識

その名称には諸説ある。「おひつ」で「まぶす」という説や、「まむし」からくるという説、「まま(飯」を「蒸す」という説も。