【2024年最新】すすきので美味しい焼肉・肉料理が楽しめる人気店16選

【2024年最新】すすきので美味しい焼肉・肉料理が楽しめる人気店16選

更新日:2024/07/08

日本有数の歓楽街「すすきの」。居酒屋、ラーメン店、寿司屋、焼肉店など、多様な飲食店が集まっています。特に、海鮮料理やジンギスカン、ラーメンなど、北海道のグルメを楽しめる店が多く揃う食の楽園です。今回は、そんなすすきので食べられるおすすめの焼肉やお肉料理を紹介します。スタミナ料理でパワーチャージをどうぞ。

PR 旅色×Samsonite トートバッグが当たるプレゼントキャンペーン開催中! 自分らしさの見つかるスーツケースをラインナップ

【ジンギスカン】ジンギスカンダイニング ひげのうし 南5条店

厳選したラム肉を最良の状態で提供

肉の切り方に徹底してこだわり、一番美味しいところを惜しみなく提供。人気の「オーストラリア産ラム肩ロース」などの生ラムに加え、じっくり煮込んだタレを塗り込んだ「昔風味付けラム」も楽しめるのが、「ひげのうし」の特徴。最良の状態のラム肉は、どれもクセがなく食べて納得の味わいです。テーブルにはジンギスカン鍋と七輪の網焼きが用意され、注文する肉に合わせて使い分けるという、札幌でもめずらしいスタイル

【ジンギスカン】ジンギスカン ひげのうし 本店

札幌で人気のジンギスカン専門店

種類豊富な部位を用意し、それぞれの肉の味わいを引き出せるようにと、切り方にも徹底的にこだわっています。ジンギスカン鍋と七輪の網焼きが用意されているので注文する肉に合わせて使い分けましょう。特製ダレに漬け込んだ肉を七輪で焼くことで、生ラム肉と味が混ざらないようにという配慮が嬉しいポイント!

【ジンギスカン】生ラムジンギスカン山小屋

秘伝のタレが旨味を引き立ててくれる

ラム肉との相性は抜群のタレは、小樽「景勝園」から引き継がれた、リンゴと醤油がベースの熟成ダレ。肉の脂がさっぱりとして食べやすく、やみつきになる美味しさ。たっぷりある野菜とともに箸が進み、つい食べすぎてしまうほど。もやし・タマネギ・ミニトマトはサービスで提供。ミニトマトは生でも良し、焼いて食べるのもおすすめですよ。

【ラムしゃぶ】道産羊肉割烹 ラムぴりか

道産の希少な羊肉を取り扱う予約制の割烹店

“羊の王様”とも呼ばれるサウスダウン種の希少な道産ラム肉を、ラムしゃぶや藁焼き、燻製など、道内でもめずらしい多彩なメニューがコース料理で味わえます。「道産羊肉のしゃぶしゃぶ」には、肉と脂のバランスが良い肩肉を使用。肉の旨味とやわらかさを味わってもらうため、提供する分だけを専用のスライサーでスライスするというこだわり。シルキーな食感の羊肉をしゃぶしゃぶし、オリジナルの醤油ダレにつけて召し上がれ。

【焼肉】焼肉 きわみ塊-kai-

食の専門家が認定した美味しさを提供

肉の味が濃く、旨味も凝縮した美味しい「びらとり和牛」。サシの加減で風味が変わってしまうため、注文が入ってから塊肉の部位に合わせたカット方法や焼き方を徹底し、美味しい状態のお肉を提供しています。塊肉の上ヒレや、やわらかい赤身肉のミスジやザブトンなど、入荷状況によっておすすめが変わります。数種類の希少部位をセットにした「びらとり和牛セットMENU」もおすすめですよ。

【焼肉】焼肉処 きわみ 離

貴重な部位3種を選べる贅沢な盛り合わせがおすすめ

希少価値が高く、札幌市内でも取り扱いが少ない極上のブランド牛「びらとり和牛」の認定店でもあり、やわらかくて旨味が凝縮された味の濃い「びらとり和牛」を焼き肉で堪能できます。おすすめは「びらとり和牛3種盛り合わせ」。ザブトン・ミスジ・トウガラシ・カタサンカクなどのさまざまな部位から3種類を好みで選び、食感や味の違いが楽しめます。

【焼肉】本格焼肉 なんこう園

店が自慢のホルモンを食べ比べでどうぞ

この店では外せないホルモン3点盛り。創業当初から変わらない秘伝のタレを使ったホルモンは、特殊な仕込みによって臭みがなくお酒やお米が進みます! 焼肉はもちろん、盛岡冷麺も好評。太くてコシのある麺で、さっぱりといただけます。中国語や韓国語など外国語で対応できるスタッフも。外国語メニューも充実してますよ。

【焼肉】焼肉ダイニングMEGUMI本店

大きくて網を独り占めする和牛サーロインは必食

冷凍することなく美味しさをキープした上質な和牛や希少部位を取り揃えて提供。「厚切りタン」や「和牛上白タン」はサクサクの噛み応えが新鮮で、タンの旨味がしっかりと味わえます。おすすめは「和牛サーロイン焼きしゃぶ(生卵付)」。き焼きの割り下くらい甘めのタレで味付けしたお肉を、さっと炙って北海道産卵の溶き卵につけて食べる絶品だ。脂が甘く、口の中で溶けていくような感覚が癖になります。

【焼肉】RAZAN 炭火焼肉 ススキノ店

トップレベルの国産和牛をさらに厳選してお届け

ブランド牛を中心としたA5ランクの国産黒毛和牛を、備長炭を用いた炭火焼き肉で堪能できます。肉質等級が最高の“5”に格付けされたブランド牛のなかでも、最高ランクのものにこだわって吟味。おすすめは「特選和牛盛合わせ」。ランプ、イチボ、カイノミ、マルサシなど、美味しい部位だけを盛り合わせたラインナップになっています。店内で漬け込んでいる各種をはじめ、おつまみ、一品料理はすべて自家製というこだわり。お酒もご飯も進みそうですね。

【焼肉】ドンドン焼肉

お値段以上の満足感が味わえる

富良野産の和牛を中心に、道内外の美味しい肉をお得な価格で食べられます。上質肉と肉本来の旨味を感じられる自家製ダレは相性抜群。凝縮塩コショウで寝かせて仕込んだ、店自慢の焼き肉につけてご賞味あれ。照明を抑えた大人な空間が広がる落ち着いた雰囲気の店内は、テーブル・席ごとに仕切られており周囲を気にすることなく、ゆったり寛げ、デートや記念日、大切な日にもピッタリです。

【すき焼き】牛のいしざき

脂にクセがない新鮮な黒毛和牛のすき焼きを

血統の選別、肥育から加工まですべて自社管理する北海道江別市産の希少な「えぞ但馬牛」をメインに、全国から黒毛和牛を仕入れています。すき焼きは熟成させない新鮮な黒毛和牛は脂にクセがなく、あっさりとしています。創業以来、味を変えていない秘伝のタレで焼くように煮るので、卵との絶妙なハーモニーを堪能してみて。

【鉄板焼き】YANAGI TePPaN UNBORN GASTRONOMY

新ひだか町産の黒毛和牛「こぶ黒」

伝統的な鉄板焼きの技術を大切にしながら、炭焼きや発酵、熟成などの新しい調理法も取り入れた独創的なメニューを展開。ミネラル豊富な日高昆布をブレンドした、新ひだか町産の黒毛和牛「こぶ黒」は、赤身のコクと、牛肉本来の濃厚な旨味が特徴のこの肉を新鮮な状態から熟成し、減圧浸透などコースの構成や部位によって使い分けています。カウンター席の予約は18時~のみ。料理に対して100%の力を注ぎこむためという理由だそう。目の前で完成されていくライブ感も併せてお楽しみください。

【和食居酒屋】大衆酒場 吉々

やわらかい肉質で人気の「彩美牛」など多彩な素材を吟味して提供

焼き鳥と小鉢料理ででほっとできる和食居酒屋

鮮魚や牡蠣、やわらかい肉質で人気の「彩美牛」など多彩な素材を吟味して提供。全国から集めた日本酒と、酒に合うメニュー作りに拘っています。ついついお酒が進みそうです。お酒の〆に〆カレーはいかが? オリジナルでスパイスを調合し、トマトやタマネギなど野菜の水分だけで煮込んだ美味しさの塊のようなカレーを、小皿で提供してくれる。無水にこだわって作るカレーの旨さを知ると、お酒を飲みながら食べたくなるかも。

【焼鳥】やきとり 新西

「知床どり」を使用した焼き鳥を召し上がれ

18~21時はコースのみ提供しており、予約可能時間は18~19時30分。仕入れ状況によって21時以降はアラカルトか、7種類の料理がいただけるお任せコースが楽しめます。コースは「はつ」「ささみ」「レバー」「もも」や、「野菜串」「海鮮串」など15~16品で展開。独特のくさみが少なく、透明感のある肉色が特徴。店舗では仕入れた鶏肉を、一度も冷凍していないため新鮮な鶏肉が食べられます。

【焼鳥】焼鳥と地酒 SAKE酉(サケノトリ)

希少部位が揃う焼き鳥店

「ソリレス」「トロ皮」「まつば」「キンカン」「ふりそで」といった希少部位が揃います。最もやわらかいもも肉として知られる「上もも」は訪れたら必ず食べたい逸品で、ほとんどの人が注文するという一品なんです。一品メニューでは半熟の味付け玉子と鶏肉が入った食べ応えのある「燻製ポテトサラダ」がおすすめ。オーダーごとに燻製するため、香りもまた食欲をかきたててくれること間違いなし! 常時30種類が揃う日本酒と一緒にどうぞ。

【焼鳥】炭火やき鳥 じんじん

気さくな店長と会話するのも楽しい居酒屋

毎日手作業で串打ちを行い、備長炭でふんわりと絶妙な加減で焼き上げる焼鳥は、外はカリッと、中身はジューシ。常連のファンも絶賛する北海道産の白レバーはぜひ食べていただきたい一串です。レバーの固さがないので、備長炭で焼くとふっくらとジューシーに仕上がるのが特徴なんです。タマネギも甘みがあり、肉の旨さを引き立ててくれ、常連のファンに人気の逸品!

おわりに

厳選されたお肉料理を存分に楽しめるお店を紹介しました。素材選びからこだわりの調理法と、新鮮な食材が織りなす絶品の味わいを、ぜひ一度体験してみてください。特別な夜や大切な人との食事に、至福のひとときが過ごせるはずです。

旅色編集部 いたがき

参考になりましたか? 旅行・おでかけの際に活用してみてください。

記事企画・監修:旅色編集部 いたがき