桜井日奈子 スペシャルインタビュー

伊豆半島の東海岸に位置する伊東市は、平安時代に開湯したと伝わる温泉や透明度抜群の海、市街地と水平線が一望できる大室山、豊富な魚介類など、見どころ、楽しみどころ満載の人気観光スポットが凝縮されたエリアです。今回の旅の案内人、桜井日奈子さんも「楽しいところがいっぱい!」と、目を輝かせて旅を楽しみました。写真/福井麻衣子 スタイリスト/入江未悠 ヘアメイク/MAKI 取材・文/合津玲子

伊東は自然豊かな地。五感を使って地球(ジオ)を感じられるジオサイトが多いこのエリアで桜井さんと訪れたのは、市街地を抜けた先に現れたプリン型の美しい山、大室山です。リフトに乗って上まで行くと、突然、広々とした景色が広がり、その落差に桜井さんもびっくり。
「いきなり景色が一変したので驚きました。山の上からは、伊東の市街地が眼下に広がり、その向こうには海が見えて。反対側の富士山までくっきり見えました。本当にすごい景色。伊東で一番の絶景かも!」と大絶賛していました。
緑のきれいな新芽が芽吹くよう、冬の終わりに山焼きをしている大室山。桜井さんも興味津々で、「へえ。焼いちゃって、それで緑がきれいになるんですか。面白そうですね。私も山焼き、やってみたいです!(笑)」

Special Interview Hinako Sakurai

大室山の誕生秘話に欠かせない約4000年前の噴火。荒々しさと美しさから、伊豆きっての景勝地として知られる城ケ崎海岸もまた、この噴火がきっかけだったとされています。
海が大好きという桜井さんも、その景色にくぎ付け。「うわあ、きれい!」と大喜びです。なかでもお気に入りだったのが、高さ23mもある名所・門脇つり橋。透明度の高い海を覗きこみ、「ずっと見ていられます。吸い込まれそう。本当、テンションがあがりますね」。打ち寄せる波しぶきを、いつまでも眺めていました。

Special Interview Hinako Sakurai
Special Interview Hinako Sakurai

伊東ならではの景色を堪能していたら、なんだかお腹がすいてきました。おいしい海鮮丼を食べましょう。やってきたのは「道の駅 伊東マリンタウン」。伊豆の名産品がなんでもそろうバザール棟、温泉浴が楽しめるスパ棟があるほか、海辺に設けられた遊歩道での散策や遊覧船観光など、楽しいことがなんでも揃う施設。獲れたての魚介類も豊富です。
さっそく「海の前のカフェレストラン」のテラス席で「漁師の漬け丼」をいただくことに。運ばれてきた丼を見てびっくりする桜井さん。それもそのはず、高々と盛られた海鮮は優に10cm以上。「すごい量! 気前のいい海鮮丼ですね(笑)。食べられるかな」といいながらも、笑顔がこぼれます。
「お魚、大好きなので。食べますよ」とやる気満々です。「マグロとイカとサーモンがたっぷりのっていて、本当においしい。でも、食べても食べても、なかなかご飯にたどりつけない!」と、うれしい悲鳴をあげていました。

Special Interview Hinako Sakurai
Special Interview Hinako Sakurai

「道の駅 伊東マリンタウン」から車で数分、見えてきたのは温泉街。別府、湯布院と並び日本三大温泉地としても有名な伊東の温泉は、有数の湯治場として、徳川家三代目将軍家光にいで湯を献上した実績もあるのだとか。温泉街の風情のある街並みがちらりと見えます。
「せっかくなら、浴衣で歩きたい」と浴衣に着替えた桜井さん、なぎさ公園から温泉街をのんびり歩いてみました。町の中を流れる松川沿いは、どこか懐かしい昭和の香りのするノスタルジックな雰囲気。日が落ち、川沿いに並ぶ竹あかりが灯されると、さらに幻想的です。
「この道沿いに400本ぐらい竹あかりが続いているんですね。本当の竹に穴をあけているから、風情があって素敵でした。景観に合わせて浴衣で歩くのも、景色のなかに自分が入っていくようで、素敵な経験になりました」。

最後に音無神社に立ち寄った桜井さん。ハートの絵馬に願いを書いて、真ん中をくりぬき、その部分を持ち帰ると願いが叶うと言われ、さっそく挑戦してみることに。何を書いたのですか、と尋ねると、「たくさん旅行に行けますようにって書きました」とにっこり。素敵な旅ができるといいですね。

Special Interview Hinako Sakurai
Special Interview Hinako Sakurai

月がキレイな輪郭を見せるころ。この旅最大級の光景を求めて、伊豆ぐらんぱる公園へと向かいます。ゲートをくぐる前から、キラキラと輝く園内の様子が見えて、ワクワクが止まらない様子の桜井さん。
そう、ここでは日本最大級のLEDイルミネーション「伊豆高原グランイルミ~5thシーズン~」が開催されているのです。ゲートを抜けると、あたりは一面、七色に輝く圧倒的な光の世界! 次々にショーも始まり、その壮大なスケール感に圧倒されます。
「楽しい! こんなに広い場所でイルミネーションを見るの、初めてです。まるで夢の国ですね」と笑顔がこぼれまくり。撮影スポットでは何枚も写真を撮り、世界観を存分に楽しんでいました。
「イルミネーション大好きなので、本当にテンションあがりました。楽しかった! もう、みんなに自慢しちゃいますね」。

Special Interview Hinako Sakurai

海、グルメ、絶景、イルミネーションと、楽しいことが満載だった伊東の旅。桜井さんもすっかりファンになったようで、「伊東って、旅行にマストなものが全部そろっているんですね。しかも、それぞれの場所がそんなに離れていないのもいいな。ちょっと移動したら素敵なものに会えるので、みんなに紹介したい場所だなと思いました。次の季節には家族と訪れたいです」と声を弾ませていました。

Special Interview Hinako Sakurai
桜井日奈子

ニットカーディガン・ワンピース(ともにCOCO DEAL|COCO DEAL 03-4578-3420)その他スタイリスト私物

スカート(&.NOSTALGIA |&.NOSTALGIA 03-6433-5918)その他スタイリスト私物

浴衣、帯、帯締め、帯留め、バッグ、履き物、髪飾り(ふりふ |ふりふ03-6810-8768)

桜井日奈子 女優
Profile
岡山県生まれ。2014年、「岡山美少女・美人コンテスト」の美少女グランプリを受賞し、「岡山の奇跡」として注目を集める。多くのドラマや舞台、バラエティ、CMなどで活躍。2018年に『ママレード・ボーイ』にて映画初主演を務める。2019年はドラマ『ヤヌスの鏡』(フジテレビ)、映画『殺さない彼と死なない彼女』にてヒロインを演じる。『沼にハマってきいてみた』(NHKEテレ)では初MCにも挑戦中。