×

FO-CAL[フォーカル]

町人文化が息づくものづくりのまち「高岡」、日本のベニスといわれる港町「射水」、日本有数のおいしい魚が捕れる漁師町「氷見」がある、県西部エリアの体験・見学スポットをご紹介。高岡では、国内外で注目を集める鋳物メーカーの工場見学や昔の商家をリノベーションした複合施設を訪れ、射水では熱気あふれる昼セリに、遊覧クルーズでノスタルジックな雰囲気漂う水路を巡ります。氷見では富山湾の新鮮な海の幸に舌鼓を打ち、漁村文化について学びましょう。

高岡市の体験・見学スポット①

年間10万人が訪れる鋳物メーカー
「能作」で職人技にふれる工場見学

錫(すず)の特性を生かした「曲がるKAGOシリーズ」や酒器、華やかなテーブルウェアなど個性的なプロダクトを展開し、その高い技術力とデザイン性で国内外から注目を集める鋳物メーカー。約4000坪の本社工場ではガイドの案内のもと職人の技をガラス越しに見られる工場見学や鋳物製作ができる体験工房、地元食材を盛り込んだメニューを錫器で楽しめるカフェ、ショップなどを併設。加賀藩の時代から高岡の地で守り伝えられる鋳物の世界を見て、触れて、体感しましょう。

能作(のうさく)
住所/富山県高岡市オフィスパーク8-1
電話番号/0766-63-0001(体験・見学窓口)
営業時間/10:00~18:00(カフェのLOは17:30)
定休日/年末年始
見学/日曜・祝祭日(土曜は月により休業に変更)※詳しくは公式HPをご覧ください

※2021年11月より、ガイド付き工場見学ならびに錫物製作体験を再開。要予約・少人数でのご案内とさせていただきます。見学・体験については、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、変更となる場合がございます。

年間10万人が訪れる鋳物メーカー 「能作」で職人技にふれる工場見学
高岡市の体験・見学スポット②

人と人が繋がり賑わう場として町屋を再生
複合商業施設「山町ヴァレー」

かつて明治の繁栄を支えてきた山町筋に残る大型商家をリノベーションし、複合商業施設「山町ヴァレー」として再生。観光客と地域の方との交流の場をコンセプトに、高岡の町衆文化を発信する拠点として賑わいを見せています。施設内は、食事処やクラフトビールが味わえる店、カフェ、ギャラリー等8つの店舗がオープンするほか、不定期でイベント等も開催中。コンシェルジュも常駐しているので、​観光情報など気軽に尋ねることができます。

山町ヴァレー
住所/富山県高岡市小馬出町6
電話番号/0766-75-9614
営業時間/10:00~17:00
定休日/不定休

※店舗毎に営業時間・定休日が異なりますのでお問い合わせください。

人と人が繋がり賑わう場として 町屋を再生 複合商業施設「山町ヴァレー」
射水市の体験・見学スポット①

“きときと(新鮮)”な魚介類がズラリ
威勢のいい掛け声が広がる「新湊漁港」

射水市の新湊漁港は、富山湾のほぼ中央に位置する県内有数の漁場。富山湾は水深が浅瀬から急激に深くなるため、山からのミネラルが一気に流れ込み、おいしい魚が育ちます。また、港と漁場が近いのでとびきり新鮮な魚が水揚げされます。この地の利を生かして行われるのが、朝獲れた魚を昼に競りにかける「昼セリ」。特に紅ズワイガニ漁が解禁となる9~5月は、まるで赤い絨毯のようにぎっしりとカニが並べられ、迫力満点。昼セリは見学が可能で、セリ人と買い手の真剣なやりとりが間近で見られます。

昼セリ見学(新湊きっときと市場)
住所/富山県射水市海王町1
電話番号/0766-84-1233
定休日/日曜日、水曜日、年末年始、休場日
時間/通常12:30~

※開催状況は事前にお確かめの上、見学される際は予めご予約をお願いいたします。
※画像はイメージです。

新鮮“きときと”な魚介類がズラリ 威勢のいい掛け声が広がる「新湊漁港」
射水市の体験・見学スポット②

富山湾のカモメたちに誘われて
「新湊観光船」でノスタルジックな港町クルーズ

内川エリアは「日本のベニス」とも呼ばれる、生活と河川が共存するノスタルジックな雰囲気のある港町です。水路には漁船が停泊し、個性豊かな橋が数多く掛かり、ここならではの景色が広がります。周辺散策や、観光船での内川クルーズがおすすめ。

新湊観光船(海王丸パーク 新湊観光船乗船窓口)
住所/富山県射水市海王町2
電話番号/0766-82-1830
定休日/水曜日、年末年始(12/28~1/5)
乗船時刻/9:00~15:00の毎時00分

富山湾のカモメたちに誘われて 「新湊観光船」でノスタルジックな 港町クルーズ
氷見市の体験・見学スポット①

漁村文化を体験・体感できる
「氷見市漁業文化交流センター」

令和2年6月にリニューアルオープンした、漁村文化を「体験・体感」できる大型施設。愛称は「ひみの海探検館」で、氷見の魚を「もっと知りたくなる」「もっと食べたくなる」そして、氷見に「もっと滞在したくなる」、そんな〝滞在型観光〞推進の拠点とすることを目的に生まれました。館内には、氷見の魚に関する展示資料が盛りだくさん。特に「天然のいけす富山湾」を体感できる4面大型スクリーンは大迫力です。

氷見市漁業文化交流センター
住所/富山県氷見市中央町7-1
電話番号/0766-74-8018
営業時間/9:00~17:00(最終入館は16:30)
定休日/水曜日※祝日の場合は翌木曜日、年末年始

漁村文化を体験・体感できる「氷見市漁業文化交流センター」
氷見市の体験・見学スポット②

景観、食、温泉。氷見名物がぎゅっと詰まった
「氷見漁港場外市場 ひみ番屋街」

富山湾越しにそびえる立山連峰を望む海岸沿いに建ち、氷見ならではの特色を生かした飲食店や専門店が一堂に会する複合施設。場内では、天然のいけすと呼ばれる富山湾の海の幸や氷見のうどん、氷見牛など、氷見でしか味わえない味覚が堪能できるほか、新鮮な鮮魚、加工食品などの多彩なお土産も販売中。場内散策後は併設の「氷見温泉郷 総湯」で温泉はいかがでしょう。源泉掛け流しの天然温泉で、のんびりリフレッシュもおすすめです。

氷見漁港場外市場 ひみ番屋街
住所/富山県氷見市北大町25-5
電話番号/0766-72-3400
営業時間/鮮魚施設:8:30~18:00、物販施設:8:30~18:00、フードコート:8:30~19:00、飲食施設:11:00~19:00、回転寿司:10:00~20:00
※売り切れ次第販売を終了する場合あり
※一部店舗により営業時間が異なる場合あり
定休日/1月1日
※鮮魚施設は初競り市に準ずる ※施設メンテナンス臨時休業あり

景観、食、温泉。 氷見名物がぎゅっと詰まった 「氷見漁港場外市場 ひみ番屋街」

県南西部エリア 紹介スポットMAP

県南西部エリア 紹介スポットMAP

絶景に歴史にグルメに富山県西部6市を巡る

砺波・小矢部・南砺の体験&見学スポット

FO-CAL[フォーカル]
contents