×

FO-CAL[フォーカル]

海の幸も山の幸も、魅力あふれる逸品がこれでもか! というほどそろう富山県。富山湾の“きときと(新鮮)”な海鮮や、見た目のインパクト満点のB級グルメ、大切に受け継がれる伝統の味まで、富山WESTならではの多彩なグルメ・名産品を紹介します。

歴史から生まれた昆布文化の名産品
高岡昆布飯

高岡市は、かつて北前船が伏木港に寄港していたことから昆布文化が育ちました。世帯あたりの昆布の消費量は全国1位を誇ります。さまざまな料理に昆布が用いられ、そのおいしさと食べ方をどこよりも熟知している、まさに“昆布王国”。なかでもおすすめは、とろろ昆布で包まれた昆布おにぎりで、一般的な「白とろろ」はほんのり甘く、富山ならではの「黒とろろ」は酸味が強く味が濃いなど、とろろの種類によって風味が異なるのが特徴です。

歴史から生まれた昆布文化の名産品 高岡昆布飯

地元食材を取り入れた熱々サクサクの
高岡コロッケ

高岡コロッケは、全国で有数のコロッケ消費量を誇る高岡市で、町おこしとして始められたB級グルメ。その中身は地元産の特産品を取り入れたものから、スイーツと融合した変わり種までバラエティ豊か。選ぶ楽しさも魅力のひとつです。道の駅「万葉の里 高岡」にあり、奈良・鎌倉と並ぶ日本三大仏「高岡大仏」にちなんで作られた、長さ14cmもあるジャンボサイズの「高岡大仏コロッケ」はボリューム満点! 旅の途中で小腹を満たすのにぴったりです。

地元食材を取り入れた熱々サクサクの 高岡コロッケ

冬に味わえる“きときと(新鮮)”な海の王様
紅ズワイガニ

富山湾内で漁獲される紅ズワイガニは、北アルプスから流れ出る良質な水や豊富なプランクトンで育った格別の味わいをもち、濃厚で上品な甘みがあるのが特徴。新湊では、9~5月の漁期の時期になると、昼セリにかけられた紅ズワイガニが一面に並べられます。市民にも広く愛され、夕食の食卓に並ぶ馴染みの食材でもあります。射水市では小学校の学校給食に丸ごと1杯が出されることも。新湊へお越しの際は、割烹店やお寿司屋さんなどで、水揚げされたばかりの新鮮な味で口福になること間違いなしです。

冬に味わえる“きときと(新鮮)”な海の王様 紅ズワイガニ

まるで富山湾の宝石。淡いピンク色にひかり輝く
白エビ

富山湾特有の海底谷「藍瓶(あいがめ)」に生息する「白エビ」。水揚げされたばかりの姿は、透明感のある淡いピンク色に輝き“富山湾の宝石”と称されます。体長は約6センチと小粒ですが、むき身はとろりとした舌ざわりと、小さいながらまったりとコクのある上品な甘さをもち、その美味しさから全国に広く知れ渡るようになりました。漁が成り立つほどまとまって水揚げされるのは、実は富山湾だけ! 春から秋にかけて旬を迎える、新鮮な味をご堪能ください。

写真提供:(公社)とやま観光推進機構

まるで富山湾の宝石。薄いピンク色にひかり輝く 白エビ

能登の伝統技法が支える富山のご当地グルメ
氷見のうどん

富山のご当地グルメであり「日本三大うどん」のひとつと称される氷見のうどん。広く親しまれるその理由は、ツルッとした食感とシコシコした歯ざわり。秘密は麺生地を綾掛けして丁寧に引き伸ばす「手延べ」と随所に「手打ち」を生かす職人技。能登地方で生まれたとされるこの伝統技法が、独特の強いコシと粘りを生み出します。時代を超えて受け継がれてきた氷見のうどんならではの美味しさをぜひお楽しみください。

能登の伝統技法が支える富山のご当地グルメ 氷見うどん

天然のいけす・富山湾が生み出す絶品
ひみ寒ぶり

富山湾の新鮮な魚が上がる氷見。富山湾は沿岸部から急勾配に深くなり、海底の水深が1,000mから1,200mにも達するという特異な地形や、立山の伏流水など異なる性質の海水が交わる水質のため、多くの種類の魚が生息し「天然のいけす」と言われます。特に氷見の魚といえば「ひみ寒ぶり」が有名。初冬に日本海を南下をするブリが、中間地点である氷見市近海で獲れるもので、歯ごたえある弾力と脂のりが格段に違うまさに絶品です。

天然の生け簀・富山湾が生み出す絶品 ひみ寒ぶり

「丸まげ素麺」の愛称で親しまれる砺波地方の伝統の味
大門素麺

古風な和紙を開くと現れる、白く細い麺がくるくる巻かれた「大門素麺」。そのユニークな形から「丸まげ素麺」と呼ばれ、江戸時代後期から続く製法により作られる、手延べ素麺です。素麺の製造に適した初冬から晩春に限定し、寒仕込みで作られます。何度もよりをかけながら細く伸ばしていくことで、強いコシとなめらかな喉ごしをもつ大門素麺。作り手の真心とともに包まれる昔ながらの味をぜひご賞味ください。

「丸まげ素麺」の愛称で親しまれる砺波地方の伝統の味 大門素麺

北陸唯一の蒸留所がつくる富山ならではの上質な
三郎丸蒸留所ウイスキー

砺波の地酒として名高い、1862年創業の若鶴酒造。その敷地内にあるのが「三郎丸蒸留所」です。スモーキーなウイスキーにこだわり日本では珍しくピーテッド麦芽のみを仕込んでいます。北陸で唯一ウイスキー製造工程の見学が可能で、1人からでもスタッフの丁寧な説明を聞くことができます。

※感染状況の変化によって見学を中止する場合がございます。予めご確認ください。
写真提供:三郎丸蒸留所

北陸唯一の蒸留所がつくる、富山ならではの上質な 三郎丸蒸溜所ウイスキー

幻のブランド牛はステーキやしゃぶしゃぶで……
稲葉メルヘン牛

知る人ぞ知る“まぼろしの和牛”として、高い人気を誇る優良和牛です。稲葉山の広大な牧場で健全に育った黒毛和牛は、肉質の柔らかさはもちろん良質の脂身に旨味があり、濃厚な赤身が特徴。その中でも特に歩留等級A、B、肉質等級3等級以上が「稲葉メルヘン牛」と認定されています。しかも年間80頭ほどしか生産されないため、市内で食べられるお店も限定されています。小矢部市ならではの極上な味わいで、幸せなひと時をお過ごしください。

幻のブランド牛はステーキ、しゃぶしゃぶで… 稲葉メルヘン牛

一度は食べたい大人気フードのご当地カラーラーメン
おやべホワイトラーメン

「おやべホワイトラーメン」とは、①スープは白いとんこつ、②肉味噌がトッピングされている、③小矢部産の食材を1つ以上使うという3つの定義を条件として誕生したB級グルメ。市内の飲食店でレギュラーメニュー化されているほか、イベント出店なども精力的に行っており、子どもから大人まで幅広い年代から人気を集めるほどに。今では富山ブラックや入善ブラウン&レッドに並ぶ、富山県内のカラーラーメンのひとつとして認知されています。

一度は食べたい大人気フードのご当地カラーラーメン おやべホワイトラーメン

地場産の大豆の味を生かしたコクのある深い味わい
五箇山豆腐

古来より伝わった独自の製法により、五箇山の地場産大豆と澄みきった水を惜しげもなく使用した五箇山豆腐。「寝るときに枕にした」という例えがあるほど、縄で縛っても形くずれしない硬めの食感が特徴で、手間と時間をじっくりかけて、上質な大豆と水のおいしさがぎゅっと凝縮されています。水分が少ないためお刺身や冷奴に、また崩れにくさを活かして煮物やお鍋、田楽焼きなど、様々な楽しみ方で自然本来の大豆の味わいを堪能できます。

地場産の大豆の味を生かした、コクのある深い味わい 五箇山豆腐

晩秋の日差しで育まれた栄養と滋養に満ちたおやつ
干し柿

およそ380年前に、加賀三代藩主の前田利常公が干し柿づくりを奨励したことで盛んとなった南砺市の干し柿。福光・城端でのみ栽培されている干し柿用品種である三社柿を使用しており、大型で縦長の果実で、日本一と言われるほど、渋みが強いのが特徴ですが、そのぶん干し柿にした際にとても甘くなるのだそう。ビタミン、カロテン、カリウム、食物繊維が豊富に含まれ、栄養満点で滋養強壮に役立つ干し柿をおやつにどうぞ。

写真提供:(公社)とやま観光推進機構

晩秋の日差しで育まれた、栄養と滋養に満ちたおやつ

編集長

播磨雄介

編集

石川葵

アドバタイジング

三浦繁人

デザイナー

高田琳子(ART&旭)

HTMLコーダー

高田琳子(ART&旭)

発行人

井上秀嗣

発行元

株式会社ブランジスタメディア

東京都渋谷区桜丘町20番4号ネクシィーズスクエアビル

砺波・小矢部・南砺の体験&見学スポット

FO-CAL[フォーカル]
contents