×

水産物から歴史ある和綿まで、こだわり尽くした境港市の特産品。港町の海と大地が育んだ特産品は、境港市の良さが存分につまったものばかり。ふるさと納税で、自宅にいながら境港市を身近に感じてみるのも良いかもしれません。

「蟹取県」としてカニの水揚げ量日本一を誇る鳥取県では、主に「ズワイガニ」と「紅ズワイガニ」の2種類が有名です。山陰地方ではオスのズワイガニを「松葉ガニ」と呼び、ぎっしり詰まった身、柔らかな繊維にぷるんとした食感と上品な旨みが特徴で、主に冬場(11〜3月)にかけて漁期を迎えます。一方「紅ズワイガニ」は、秋から春と漁期が長く、上品な甘みと水分が多いのが特徴。磯の香り漂うカニミソはこってりとした味わいで、カニミソを使った特産品なども有名です。境港市周辺では、市内の至る所で1年中カニ料理を堪能することができるんですよ。

境港産ボイル紅ずわいがに3尾/かにトロセット/かに身・かにみそ甲羅盛り/境港かに加工品セット/ずわいがに切り足(ボイル)/たっぷりかに味噌600gセット など

白身の高級魚として人気が高い「のどぐろ」。山陰沖での漁が盛んな理由として、この海域ではエサとなる「カラヌス」と呼ばれるプランクトンが多く生息していることがあげられます。脂質の多い「カラヌス」のおかげで周辺海域ののどぐろはたっぷりと脂肪分を蓄え、8月の夏以降、山陰沖では大きいサイズのものが獲れることから、旬は秋から冬にかけてといわれています。サイズが大きいほど、脂乗りがよく旨みがあり、刺身や煮付け、炙り、焼きなど食べ方も豊富。境港市周辺では比較的手頃な値段で、購入または食べることができます。

のどぐろ開干(中〜大)/のどぐろ姿煮/のどぐろ一夜干し/鬼太郎焼酎・ビールとぜいたく干物セット など

「伯州綿(はくしゅうめん)」は浜綿とも呼ばれ、300年以上前の江戸時代前期に栽培が始まりました。海と緑に囲まれた自然豊かな境港市では、その恵まれた環境下で、平成20年に地域と連携し在来種「伯州綿」の栽培を再スタート。現在では和綿栽培の日本一の生産地として知られます。「伯州綿」を使用したタオルはしっかりとした質感で吸水性がよく、使うほどに肌に馴染み、速乾・消臭・抗菌にも優れているんです。丁寧につくられた上質な「伯州錦」は布団の中綿などにも使用され、幅広い用途で親しまれています。

伯州綿ハンカチ/伯州綿ワッフルタオルセット/伯州綿藍染マスクセット/伯州綿ブランケット/伯州綿ベビーマント&タオルセット/伯州綿トートバッグセット(かぞくトート) など

境港市のふるさと納税では、ここで紹介したものをはじめ、さまざまな特産品があります。境港ならではのうまいもん、そしてこだわりの名品など、まだまだ知らない境港市の良さを感じることができるはず。旅の続きをぜひ、自宅でも楽しんでみてくださいね。

“縁”が繋ぐほっこり温かな町 境港の町自慢、教えます

港町の魅力を見て、触れて、体験 境港市の3大イベント