×

FO-CAL[フォーカル]

黒川智花さん、スペシャルインタビュー

FO-CAL[フォーカル]
黒川智花さん、スペシャルインタビュー

――これまでに宮崎や日南市を訪れたことはありましたか?

仕事で1度お邪魔したことがありますが、その時は通り過ぎるように帰ってしまったんです。なので今回がほぼ初めての宮崎県、日南市を堪能する機会になりました。

――この2日間で黒川さんが感じられた日南市の魅力を教えてください。

まず気候が良い! そして、地域の皆さんが優しい。温暖な気候に似た空気感というか、優しい雰囲気をお持ちの方が多かったですね。早速それを感じたのがロケバスのドライバーさん。お話が楽しくて、移動中はガイドさんのように日南市について教えてくださいました。特に飫肥の小村寿太郎記念館をおすすめしてくださったので、次回の楽しみにしたいと思っています。

黒川智花さん、スペシャルインタビュー
FO-CAL[フォーカル]
黒川智花さん、スペシャルインタビュー
黒川智花さん、スペシャルインタビュー
黒川智花さん、スペシャルインタビュー
黒川智花さん、スペシャルインタビュー

――着物での城下町散策はいかがでしたか?

江戸時代にタイムスリップしたような気分でした。旅先で着物を着ると、少し旅のレベルが上がったような感じがしていいですよね。城下町には鯉が泳いでいて、どこもきれいに管理されているので、町の人たちが大切にお世話をして町を盛り上げようとする気持ちが伝わってきました。そんなところも町の魅力だと思います。

FO-CAL[フォーカル]
黒川智花さん、スペシャルインタビュー

――最初に、飫肥の城下町にある武家屋敷 伊東邸でランチを味わいました。

宮崎牛ステーキ丼まぶし御膳、おいしかった~。お肉は薄くスライスされていますが、しっかり旨味があって食べごたえがあって。そのまま食べたり、お茶漬けにしたり……いろいろな食べ方ができるのも魅力的でした。このランチ撮影が楽しみすぎて、撮影前にロケ弁も出していただいたのですが我慢して、宮崎牛ステーキ丼まぶし御膳に備えました(笑)。

FO-CAL[フォーカル]
黒川智花さん、スペシャルインタビュー
黒川智花さん、スペシャルインタビュー
黒川智花さん、スペシャルインタビュー
黒川智花さん、スペシャルインタビュー
黒川智花さん、スペシャルインタビュー
FO-CAL[フォーカル]
黒川智花さん、スペシャルインタビュー

――2日目のランチは、市が公認しているご当地グルメの日南一本釣りカツオ炙り重でしたね。

私、カツオが好きで、つい最近もお店でタタキをいただいたばかり。今回味わったカツオもおいしかったです、格別でした! 自分で炙るのも楽しいし、刺し身のままいただいたり、両面炙ってみたり。九州ならではの甘くまろやかなお醤油もおいしいですよね。宮崎牛、カツオ、それに年中楽しめる地鶏と、海と山の恵みを活かしたこだわりの料理、日南グルメの虜になっちゃいました。

黒川智花さん、スペシャルインタビュー
黒川智花さん、スペシャルインタビュー
FO-CAL[フォーカル]
黒川智花さん、スペシャルインタビュー

――鵜戸神宮では、とても真剣に願いごとをされているように見えました。

やっぱり健康でいないとお仕事に障るし、今回のように楽しく旅行もできないので、私と家族全員の健康をお願いしました。特に高齢の祖母には長生きしてもらいたくて、お守りもいただいてきました。

黒川智花さん、スペシャルインタビュー
黒川智花さん、スペシャルインタビュー
FO-CAL[フォーカル]
黒川智花さん、スペシャルインタビュー

――運玉の結果はいかがでしたか?

亀石と呼ばれる岩の枡形に向かって5つの運玉を投げ入れるのですが、しめ縄の中にあたればOK、真ん中の枡形に入るとなお良いとされているそうで、私は3つ、しめ縄の中に入りました! なので自分の願いだけでなく、皆さんの分も入れたつもりです(笑)。

――横で拝見していて、視線がアスリートのように真剣で女優魂を感じました。

スタッフの方が枡形に入れたと聞いたので、私も入れなきゃ!って、ものすごく真剣になっていました。無事にしめ縄の中に入ってほっとしています。

黒川智花さん、スペシャルインタビュー
黒川智花さん、スペシャルインタビュー
黒川智花さん、スペシャルインタビュー
黒川智花さん、スペシャルインタビュー
黒川智花さん、スペシャルインタビュー
FO-CAL[フォーカル]
黒川智花さん、スペシャルインタビュー

――サンメッセ日南でのモアイ像との対面はいかがでしたか?

モアイ像は表情と周りの景色が相まって迫力がありました。「宮崎に来た!」という実感がさらに湧いてワクワクしましたね。

――園内ではブランコも楽しまれていましたね。

私、乗り物が好きなんです(笑) 空に漕ぎ出すようなブランコは初めてで、音楽は心地いいし、風は気持ちいいし……「どこにいるんだろう、幸せ!」って思いました。お仕事なのにすっかり楽しませていただきました。

黒川智花さん、スペシャルインタビュー
FO-CAL[フォーカル]
黒川智花さん、スペシャルインタビュー

――プライベートではどんな旅をされていますか?

最近は、祖母と母と女子3人で箱根の温泉に行きました。ちょうどその夜、皆既月食が見られるということで、3人一緒にテラス席で眺めたのが忘れられない思い出です。私が提案すると、祖母や母も「頑張って行ってみよう」と、普段は重くなりがちな腰を上げてくれるんですよね。私もそれを楽しみに仕事を頑張れる。旅は日常のなかにあるご褒美ですね。

FO-CAL[フォーカル]
黒川智花さん、スペシャルインタビュー
黒川智花さん、スペシャルインタビュー

――これから旅行してみたい場所とその理由を教えてください。

行ってみたいのは和歌山県と北海道、あと熊本県です。和歌山県はアドベンチャーワールドに行ってパンダを見たいのと、遊園地の乗り物が目当てです。北海道はナイトサファリ。野生のキツネやヒグマに会えるかもしれないと思うとドキドキします。そして熊本では、くまモンに会いたい! ……私、もしかしたらクマ系が好きなのかも(笑)。

黒川智花さん、スペシャルインタビュー
FO-CAL[フォーカル]
黒川智花さん、スペシャルインタビュー

――普段から『旅色』をチェックしてくださっているそうですが、日本の旅の良さはどんなところにあると思われますか?

そうなんです。いつもチェックしています。旅色はセンスがいい! 私だけじゃなく、ファンは多いと思いますよ。日本人として日本を掘り下げて深く知ることは大切ですよね。そして現地の方との交流を通して、おもてなしの心や地域を大切に思う心意気を感じることができるのは、国内旅行の魅力のひとつだと思います。

黒川智花さん、スペシャルインタビュー
FO-CAL[フォーカル]
黒川智花
黒川智花
Profile

1989年8月1日生まれ、東京都出身。小学生の頃、少女漫画雑誌でモデルグランプリに選ばれて読者モデルとして活動中にスカウトされ、12歳で女優デビューを果たす。その後は、テレビドラマ、映画、舞台などで幅広く活躍。2022年は、NHK総合『正直不動産』、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『NICE FLIGHT!』、読売テレビ・日本テレビ系『Sister』などに出演。趣味は料理やおいしいものを食べることのほか、キックボクシングという意外な一面も持つ。

衣装協力

1日目/ブルーコート22,990円、ロゴニット8,990円、ボウタイブラウス8,990円(共にイェッカ ヴェッカ|イェッカ ヴェッカ 吉祥寺 0422-72-7006※2022AWの商品につき店頭にない可能性あり)、ショルダーバッグ5,390円(カシュカシュ|アンビリオン 03-3466-8991)、パンツ、アクセサリー、シューズはスタイリスト私物

2日目/グリーンニット 6,590円(イェッカ ヴェッカ|イェッカ ヴェッカ 吉祥寺 0422-72-7006※2022AWの商品につき店頭にない可能性あり)、スカート6,930円(ルノンキュール|キャン カスタマーセンター 0120-112-961※2022AWの商品につき店頭にない可能性あり)、バッグ8,800円(カカトゥ|アンビリオン 03-3466-8991)、コート、ブーツ、アクセサリーはスタイリスト私物

FO-CAL[フォーカル]

取材・撮影協力

宮崎県日南市

FO-CAL[フォーカル]

編集長

播磨雄介

編集

石川 葵

アドバタイジング

折田隆人

デザイナー

ヒストリアル

HTMLコーダー

ヒストリアル

発行人

井上秀嗣

発行元

株式会社ブランジスタメディア

東京都渋谷区桜丘町20番4号ネクシィーズスクエアビル

03-6415-1183

太陽と海の贈りもの おさえておきたい日南グルメ

FO-CAL[フォーカル]
contents