×

FO-CAL[フォーカル]
FO-CAL[フォーカル]

小海町には、季節の食材やご当地グルメが楽しめる飲食店やカフェがたくさん。創業100年を超え、幼い日の思い出の味を求めて訪れる方も多い食事処「桔梗家」や、手打ちの十割そばと季節の天ぷらが味わえる「小海食堂」、精肉店も営む「焼き肉ハウス 千曲屋」では店主自ら厳選したブランド牛「りんご和牛信州牛」を味わえます。濃厚な香りと旨味が特徴の町の特産品、くらかけ豆を使用した「YATSUDOKI TERRACE小海」と「たかちゃん・ふぁーむ Shop&Cafe」の新作スイーツもご紹介します。

FO-CAL[フォーカル]
変わらないから、また食べたくなる“小海の味”に舌鼓

創業1920年。小海町の人々の思い出の味 「桔梗家」の元祖ソースカツ丼

地元に愛され続け、創業100年を越える町のお食事処。揚げたてのカツを甘めの特製ソースに浸し、ホカホカのご飯の上にのせた「元祖ソースカツ丼」は3代目から提供が始まった看板メニュー。町の方も「小海でカツ丼といえばこれ」と語るソウルフードです。生パン粉を使用したザクザク食感と、男性のお客さんも大満足のボリュームが特徴。昔ながらの煮干しだしベースのラーメンや焼肉丼も、「元祖ソースカツ丼」より前から人々に親しまれています。4代目となった今も、思い出の味を求めて子どもや孫と訪れる常連さんも多いそう。

[DATA]
住所/長野県南佐久郡小海町大字小海4278
電話番号/0267-92-2038
営業時間/10:00~21:00
定休日/不定休

「桔梗家」の元祖ソースカツ丼
FO-CAL[フォーカル]
変わらないから、また食べたくなる“小海の味”に舌鼓

季節の恵みを味わう 「小海食堂」の十割そば

県外からも多くの人々が訪れる、風味豊かな十割そばが自慢のお店。開業当時、そばといえば各家庭で手打ちして食べるもので、店では提供していませんでした。ご近所から依頼されるほどのそば打ち名人だった先代と祖母のそば作りを見て学んだ2代目が、後を継いでから本格的に提供するように。天ぷらには山菜、エビ、キノコなど季節ごとの食材を使用しており、9月半ば頃には珍しいリンゴの天ぷらも登場します。食後はうま味とそばの香りが溶け込んだ、とろみの強い濃厚なそば湯がいただけます。

[DATA]
住所/長野県南佐久郡小海町大字小海4286
電話番号/0267-92-3037
営業時間/11:00~19:00
定休日/不定休

「小海食堂」の十割そば
FO-CAL[フォーカル]
変わらないから、また食べたくなる“小海の味”に舌鼓

選び抜かれた確かな味 「千曲屋」で味わうりんご和牛信州牛

リンゴジュースの搾りカスやおからなどの県内産食材の副産物が入った発酵飼料で育てられ、凝縮された旨みとすっととけるような上品な脂が特徴のブランド牛「りんご和牛信州牛」を取り扱う精肉店。毎月1頭入荷する「千曲屋オリジナルスペシャル信州牛」は、店主自ら牧場へ赴き、子牛の血統や管理状況から厳選。徹底した品質管理を経て入荷しています。併設の焼き肉ハウスでは、店主のおすすめ「特上信州牛盛り合せ」や、カルビ、上カルビ、薄切りカルビを食べ比べられる「カルビ3点盛」など、こだわりの味を楽しめます。

[DATA]
住所/長野県南佐久郡小海町大字豊里95-2
電話番号/0267-92-2343
営業時間/焼肉ハウス:11:30~14:00、17:00~22:00(最終入店20:30)、ミートショップ:10:00~18:00
定休日/火曜日、水曜日

「千曲屋」で味わうりんご和牛信州牛
FO-CAL[フォーカル]
変わらないから、また食べたくなる“小海の味”に舌鼓

素朴な地元食材を素敵にアレンジ 鞍掛豆のきなこを味わう、とっておきスイーツ

緑色の豆に、高原ならではの寒暖差が生み出すという、馬の背中の鞍のように見える黒い模様が特徴的な「鞍掛豆(くらかけまめ)」。甘みが強く風味がいいことから、そのままはもちろん、料理やスイーツへのアレンジもさまざま。なかでも鞍掛豆のきなこは、小海町ならではのスイーツに活躍しています。JR松原湖駅から徒歩約7分、「たかちゃん・ふぁーむ Shop&Cafe」では人気商品の「シュッポッポぷりん」シリーズの新作として、2022年8月から「小海町産くらかけ豆きなこぷりん」が新発売。「シュッポッポ牛乳」の愛称で親しまれる野辺山高原牛乳をベースに、強い風味が特徴の小海町産「くらかけ豆きなこ」をふんだんに使用したなめらかな口どけときなこが香るひと品です。お店ではスイーツのほか、パスタやハンバーグなどランチも楽しめます。

[DATA]
たかちゃん・ふぁーむ Shop&Cafe
住所/長野県南佐久郡小海町大字豊里3040-1
電話番号/0267-78-3708
営業時間/10:00~18:00
定休日/水曜日、第1・第3火曜日

鞍掛豆のきなこを味わう、とっておきスイーツ
FO-CAL[フォーカル]
変わらないから、また食べたくなる“小海の味”に舌鼓

素朴な地元食材を素敵にアレンジ 鞍掛豆のきなこを味わう、とっておきスイーツ

こちらはシャトレーゼのプレミアムブランド「YATSUDOKI(ヤツドキ)」から小海店限定で2022年より発売している「小海くらかけ豆きなこのわらび餅」。なめらかに練り上げられたもちもち食感のわらび餅に、芳醇な香りと強い旨味が特徴の小海町産くらかけ豆きなこをたっぷりとまぶした逸品です。和三盆糖入りの上品な甘さの黒糖を使用することで、きなこの香りが引き立ちます。甘さ控えめで、女性だけでなく男性にも人気。店内には約20席、テラスにも約30席のイートインスペースがあるので、その場でいただくことも可能です。

※2022年度は11月までの販売
※2023年度も販売予定。販売時期はくらかけ豆きな粉の出荷時期による

[DATA]
YATSUDOKI TERRACE 小海
住所/長野県南佐久郡小海町大字豊里5009-1
電話番号/0267-78-3836
営業時間/5月~10月:平日9:30~17:30、土・日・祝日9:00~18:00、11月~4月:平日9:30~17:00、土・日・祝日9:00~17:30
定休日/年中無休

鞍掛豆のきなこを味わう、とっておきスイーツ

“リスタート”のための英気を養う高原の宿

自然と遊ぶ、自然に学ぶ 大人の自由時間

FO-CAL[フォーカル]
contents