誰と旅行する?

× 閉じる

どんな気分?

× 閉じる

都道府県から探す

× 閉じる

※新型コロナウイルス感染防止のため全国で臨時休業・休館、サービス提供状況の変更が発生しています。お出かけの際はご注意ください。

八甲田山・奥入瀬渓流へ家族で避暑&絶景旅
更新日:2021/07/27

八甲田山・奥入瀬渓流へ
家族で避暑&絶景旅

八甲田山、奥入瀬渓流、十和田湖(青森県) 予算:17,000円〜
予算について
予算について

・旅行する時期やタイミングにより変動いたします。あくまでも目安ですので、旅行前にご自身でご確認ください。
・料金は1名あたりの参考価格で、宿泊施設は1泊2食付き週末料金参考にしています。

× 閉じる
  • 家族と旅がしたい
  • 避暑旅がしたい
  • 心洗われる自然風景を見たい
  • アクティブな旅がしたい

全体スケジュール

  • 1日目
  • 2日目
*1日目の過ごし方

Spot.1黒石焼きそば専門店 すずのや

Spot.2紫明亭展望台

Spot.3十和田神社

Spot.4奥入瀬渓流

Spot.5銚子大滝

Spot.6温泉民宿南部屋

1日目START!!
青森空港
  • 空港でレンタカーを借り、車約1時間
spot1

B級グルメから旅のスタート

黒石焼きそば専門店 すずのや

「黒石焼きそば専門店 すずのや」

青森県黒石市のご当地グルメ「黒石つゆ焼きそば」の老舗。太くて平たい太平麺(ふとひらめん)と、和風だしをかけて食べるスタイルを特徴とする。一度で二つの食べ方が楽しめる"化け焼きそば"が人気!

もっと詳しくみる
  • 藩政時代の風情を残す、中町こみせ通り

藩政時代の風情を残す、中町こみせ通り

× 閉じる

【住所】青森県黒石市前町1-3

【TEL】0172-53-6784

【営業時間】11:00~15:00

【定休日】火曜日

★ 黒石市には、おやつに焼きそばを食べる文化があり、このB級グルメが定着するようになりました

★ 「化け焼きそば」を注文したら、まずはツルツルっとそのままいただき、半分ほどでツユを投入するのがオススメ! さっきまで主張していた濃いソースが味付けの脇役となり、ホッと落ち着く和風な一杯に変化します

★ お店が位置する中町こみせ通りは、豪雪地帯・津軽ならではの町並み建築で、レトロな風情に癒されます

  • 車約1時間
spot2

圧倒的な十和田湖に出合う

紫明亭展望台

「紫明亭展望台」

十和田湖の南、標高630mに位置する展望台。中山半島・御倉半島により、入り組んだ眺望を見せ、十和田湖がハート形に見えると話題。湖越しに八甲田連峰を望み、かつて日本八景の一つに選ばれたこともある。

もっと詳しくみる
  • ダイナミックで美しい十和田湖

  • 神社への道中、爽快な十和田湖ブルー

ダイナミックで美しい十和田湖

神社への道中、爽快な十和田湖ブルー

前の写真 次の写真
× 閉じる

【住所】秋田県鹿角郡小坂町十和田湖中ノ平

【TEL】0186-29-3908(小坂町観光産業課)

【営業時間】24時間

【料金】無料

★ 展望台へ上がると、ダイナミックな十和田湖と、はるか向こうに佇む八甲田連峰。空の雲も映し出す、鏡ばりの絶景に思わず声を上げてしまいます

★ 発荷峠展望台に比べれば、こちらは観光客が少ない印象です。絶景を独り占めできるのも満足度を高めてくれますね

★ 十和田湖がハート形に見えるため、恋愛のパワースポットとしても密かな話題に…

  • 車約15分
spot3

十和田湖のパワースポットへGO

十和田神社

「十和田神社」

日本武尊(​ヤマトタケルノミコト)を祀り、東北地方に広く伝わる、水神信仰の象徴と言える神社。静謐とした雰囲気の中、今も竜神の息づかいを感じるかのような神妙な趣を見せる。

【住所】青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486

【TEL】0176-75-2508

【営業時間】24時間

★ 十和田湖畔の森の中を進んでいくと、ひっそりと現れる本殿はなんだかミステリアス。創建は、坂上田村麻呂と南祖坊の二説があり。このうち、境内の熊野神社には南祖坊の履いていたという鉄の草鞋が奉納されています

★ 十和田湖のトレードマークともいえる「乙女の像」は、十和田神社から徒歩5分。ぐるっと一周巡るコースが定番です

  • 焼山バス停まで車約30分
  • 周辺駐車場に車を停め、雲井の滝までバス約15分
spot4

マイナスイオンと緑あふれる渓流へ

奥入瀬渓流

「奥入瀬渓流」

十和田湖・子ノ口から焼山までの約14kmの渓流で、十和田湖を代表する景勝地。緑鮮やかな樹林帯と幾つもの名爆、迫力ある奇岩奇勝と、千変万化の美しい流れが、唯一無二の見事な渓流美を演出する。

もっと詳しくみる
  • 奥入瀬渓流の名爆「雲井の滝」

  • マイナスイオンを感じよう

  • 生命力あふれる国道102号線

奥入瀬渓流の名爆「雲井の滝」

マイナスイオンを感じよう

生命力あふれる国道102号線

前の写真 次の写真
× 閉じる

【住所】青森県十和田市大字奥瀬字奥入瀬

【TEL】0176-75-2425(一般社団法人 十和田湖国立公園協会)

【料金】散策無料

★ 奥入瀬渓流はすべて歩くと、なかなかの距離があるので、バスを効率的に利用しましょう。焼山から乗車して、馬門岩か雲井の滝のバス停で降り、銚子大滝のバス停まで歩くのがオススメです

★ 奥入瀬渓流は、真夏でも最高に快適! 空気中に充満するマイナスイオンが、緑鮮やかな樹林にパックされています。まさに天然クーラーです。また、ほとんど標高差がないので、数々の滝と美しい流れを満喫しながら、気持ちの良いハイキングに浸ってくださいね

  • 徒歩1時間30分
spot5

心洗われる奥入瀬渓流のハイライト

銚子大滝

「銚子大滝」

横幅約15m、落差7mと奥入瀬渓流で最大の滝。支流には様々な滝があるが、本流にかかる唯一の滝でもある。白布のカーテンのような水流には、ひたすら心を奪われる。​

【住所】青森県十和田市大字奥瀬字奥入瀬

【TEL】0176-75-2425(一般社団法人 十和田湖国立公園協会)

【営業時間】24時間

【料金】無料

★ 水量が豊富で、轟音とともに飛沫が舞う滝は、暑い夏にぴったりな最高な爽快感を与えてくれます

★ 滝自体も見応えがありますが、その周囲を包み込む、樹林の天井も絶景。陽光に照らされると、緑豊かで生命力を感じます

★ 十和田湖への魚の遡上を妨げることから、「魚止の滝」という別名があります。その外観から納得です

  • 焼山バス停までバス約30分
  • 駐車場まで車を取りに戻り、車約5分
spot6

ゆったりと秘湯宿に泊まる

温泉民宿南部屋

「温泉民宿南部屋」

焼山・十和田温泉郷に佇む、ポツンと一軒の秘湯宿。源泉掛け流しの温泉と、地元食材を使った豪華な食事をいただける。アットホームな雰囲気で、家族づれでも歓迎!リーズナブルな料金も嬉しいところ。

もっと詳しくみる
  • 落ち着いた和室で子連れでも安心

  • 豪華な二食付きでコスパ◎

  • 館内の俳句札が秀逸!

落ち着いた和室で子連れでも安心

豪華な二食付きでコスパ◎

館内の俳句札が秀逸!

前の写真 次の写真
× 閉じる

【住所】青森県十和田市 大字奥瀬字栃久保11-41

【TEL】0176-74-2047

【営業時間】8:00〜21:00

【料金】予算:一泊二食付き 5800円/人(夏季)~

★ 食べきれないくらいのボリュームの食事に大満足。特に、地元野菜を使った天ぷらが絶品(内容はその時々で変わります)

★ 源泉掛け流しの温泉は、トロトロの泉質。窓を開ければ、渓流のせせらぎや美しい自然景観を眺めながら、ゆったりとお湯に浸かれます

★ 大正年間に建てられた古民家を移築したという、母屋は趣たっぷり。ポツンと一軒屋というロケーションも秘湯らしさを高めてくれます

  • 1日目
  • 2日目
土庄雄平より

夏でも暑さを気にせず、アクティブな旅を楽しむなら青森県・八甲田山周辺がオススメ! マイナスイオンが充満する奥入瀬渓流や、思わず心奪われる十和田湖ブルー、生命力溢れる樹林帯は、忘れられない夏色を記憶に刻んでくれます。八甲田山を下山した後の、酸ヶ湯温泉も最高です!

今回ご紹介したスポット

八甲田山・奥入瀬渓流へ家族で避暑&絶景旅

八甲田山、奥入瀬渓流、十和田湖(青森県)を巡る旅はいかがでしたか?オリジナルの旅プラン作成は旅色コンシェルジュにご依頼ください♪

プラン作成依頼はこちらから! ▸

みんなの旅プランナー

あなたにピッタリの旅行プランをお届けする、旅のプロたちが大集合。そのエリアの王道から穴場スポットまで、このプランナーたちがご案内!

  • 旅色コンシェルジュ

    これまで作成したプラン数は約8,000件!あらゆるニーズに応える。旅プランの無料作成もお任せあれ。

  • 旅色編集部

    女子旅やカップル旅などを考えるのが得意。定番スポットに加え、知る人ぞ知るお店の情報網も。

  • ロッキング大阪

    ウォーキングガイド「Rocking Osaka」。通訳案内士の知見を生かした、土地や歴史を知るプランニングが得意。

  • 泉よしか

    温泉ソムリエマスター、温泉観光実践士。紹介範囲はキレイ系温泉からマニアックな秘湯まで幅広い。

  • 人力車えびす屋

    全国10拠点で観光人力車を営んでいます。エリアに詳しい俥夫の目線とお客様の声を集めてルートをご案内。

  • 『SAVVY』
    竹村匡己編集長

    出生地は京都は伏見。でも稲荷的な伏見ではない。保険会社のSEを経て京阪神エルマガジン社入社。

  • 『TRANSIT』
    林紗代香編集長

    岐阜県生まれ。大学卒業後いくつかの雑誌編集部を経て、2008年の創刊時より『TRANSIT』に参加。

  • 『散歩の達人』
    土屋広道編集長

    1972年埼玉県生まれ。『旅の手帖』などの編集部を経て、2008年より『散歩の達人』編集部所属。

  • 土庄雄平

    日本深掘りサイクリスト・山岳トラベルライター。アウトドアを中心に、直に感じた日本の魅力を発信する。

  • 『おでかけわんこ部』
    田合恵子編集長

    愛犬とのおでかけ情報メディアを運営。愛犬はポメラニアン。飼い主目線の情報が得意。

  • KENJI PERM CAMP

    ソロキャンプYoutuber。絶景とご当地グルメを求め、自作キャンピングカーで旅をするのが好き。

  • 福井県観光連盟

    福井のことならお任せあれ! 地元ならではの視点で、福井の魅力満載の旅プランをご案内。

  • 俳優・渡部豪太

    1986年、茨城県出身。茨城のニッチなことを伝える観光大使。温泉好きで、常に手ぬぐいを持参する。

  • リーマン
    トラベルサロン

    リーマントラベラー東松とサロンメンバーが、忙しい会社員でも満喫できる極上の旅プランをご提案!

  • 吉野りり花

    鹿児島出身の旅エッセイスト。招福や厄除、疫病除けを願う「まじない食」を探して旅している。

  • 中島誠子

    元旅行会社勤務。現在は3児のママで、子連れ旅を楽しむ旅マニア。ホテルもキャンプも大好き。

旅色コンシェルジュとは

旅のご予定やご要望をもとに、ホテル・旅館の予約代行や、旅のプランをご案内する無料サービスです。

プラン作成をご希望の方はこちら
↓↓↓