誰と旅行する?

× 閉じる

どんな気分?

× 閉じる

都道府県から探す

× 閉じる

※新型コロナウイルス感染防止のため全国で臨時休業・休館、サービス提供状況の変更が発生しています。お出かけの際はご注意ください。

肘折温泉でプチ湯治旅夫婦でのんびり自然満喫
Plan470
更新日:2021/07/30

肘折温泉でプチ湯治旅
夫婦でのんびり自然満喫

肘折温泉(山形県) 予算:37,000円〜
予算について
予算について

・旅行する時期やタイミングにより変動いたします。あくまでも目安ですので、旅行前にご自身でご確認ください。
・料金は1名あたりの参考価格で、宿泊施設は1泊2食付き週末料金参考にしています。

× 閉じる
  • 夫婦で旅がしたい
  • プチ湯治してみたい
  • 自然の中を歩きたい
  • のんびりと過ごしたい

全体スケジュール

  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
*1日目の過ごし方

Spot.1四ヶ村の棚田

Spot.2蕎麦屋 寿屋

Spot.3肘折温泉街

Spot.4源泉公園

Spot.5優心の宿 観月

Spot.6肘折温泉 上ノ湯

Spot.7灯籠絵展示会 ひじおりの灯

1日目START!!
舟形IC
  • 車約30分
spot1

山形県に残る日本の原風景

四ヶ村の棚田

「四ヶ村の棚田」

「日本の棚田百選」の認定を受けた風光明媚な棚田。「四ヶ村」とは「豊牧」「滝の沢」「沼の台」「平林」の四集落の総称で、全国有数の豪雪地帯として知られている。

【住所】山形県最上郡大蔵村南山

【TEL】0233-34-6106(大蔵村観光協会)

★ 青空を写し込む水を張った春から、黄金色の穂が首を垂れる実りの秋まで、四季折々の姿を見せてくれる棚田は、まさに日本の原風景といえるでしょう! 車の中で縮こまった手足を伸ばして、たっぷり深呼吸してくださいね

★ 例年8月第1土曜日の夕べには「四ヶ村棚田ほたる火コンサート」が開催され人気を博しています(2021年は中止)

★ 四ヶ村棚田には2台程度が停まれる駐車場がありますが、周辺の道が狭いので車の走行はご注意を

  • 宿の駐車場まで車約20分
  • 車を停め、徒歩約5分
spot2

肘折温泉で美味い蕎麦を食す!

蕎麦屋 寿屋

「蕎麦屋 寿屋」

肘折温泉街から銅山川を渡ったところに位置する蕎麦屋。良質の山形県産玄そばを用いてその日のうちに自家製粉し、挽きたて、打ちたて、茹でたての蕎麦を提供する。

【住所】山形県最上郡大蔵村南山571

【TEL】0233-76-2140

【営業時間】10:00~15:00

【定休日】第2木曜日

SNS

★ 香りが良く少し太めでしっかりとした弾力のあるお蕎麦です。ツルツルとしたのどごしも楽しめます

★ 名物料理は「ひじおりとうふ」を使ったアツアツ焼き油あげの「ざぶとん」。思わず昼間からお酒が飲みたくなっちゃう一品ですよ!

  • 徒歩すぐ
spot3

ノスタルジックな肘折温泉街を散策

肘折温泉街

「肘折温泉街」

開湯1,200の歴史を持つ温泉で、レトロな木造旅館も多く浴衣姿で散策するのが絵になるような湯治場らしい風情を今に残している。また4月下旬から11月下旬に掛けて、温泉街で毎朝開かれる朝市が好評。

【住所】山形県最上郡大蔵村

【TEL】0233-34-6106(大蔵村観光協会)

★ 木造建築の並ぶ昔懐かしい雰囲気の温泉街を歩くときは、手をつないでみてはいかがでしょう

★ 温泉街の中ほどに、平成7年まで現役でしたが今はもう使われていない旧肘折郵便局舎が建っています。昭和初期建築のレトロな佇まいはフォトスポットにぴったり! 郵便マークを象った窓枠にもご注目

  • 温泉街を徒歩約5分
spot4

初恋足湯で出会ったころを思い出して

源泉公園

「源泉公園」

肘折温泉の源泉が湧き出る「源泉ドーム」や無料で利用できる「初恋足湯」のある公園。温泉街から見て銅山川の上流に位置し、「肘折ダム」が間近に見られる。

【住所】山形県最上郡大蔵村南山547-1

【TEL】0233-34-6106(大蔵村観光協会)

★ 普段はなかなか並んで座る機会がないご夫婦でも、足湯なら自然に隣に座れます。一緒にダムを見ながらのんびりと時間を過ごしては

★ 水害に苦しむ肘折温泉街や下流の人々の生活を守るために1952年に完成した「肘折ダム」は、2009年に国の登録有形文化財に登録されました。ダム建設時に協力した若い男女にカップルが生まれたことから、こちらの足湯が初恋足湯と名付けられたそうですよ

  • 徒歩約5分
spot5

ゆっくり露天風呂に入れる宿へ

優心の宿 観月

「優心の宿 観月」

古くから湯治の場として親しまれる肘折温泉街に佇む旅館「優心の宿観月」。地産地消にこだわり、契約農家よりとれたての米や野菜などを仕入れている。春は山菜、秋はきのこをはじめ、四季折々の食材を使った料理が愉しめ、安心でおいしいと宿泊するゲストにも好評。

もっと詳しくみる
  • 優心の宿 観月の大浴場

  • 優心の宿 観月の夕食(一例)

優心の宿 観月の大浴場

優心の宿 観月の夕食(一例)

前の写真 次の写真
× 閉じる

【住所】山形県最上郡大蔵村南山516

【TEL】0233-76-2777

SNS

★ A4ランクの高級ブランド牛肉を使った、山形牛のステーキプランが大人気! 鉄板でじゅわっと焼き上げて、脂が滴ります。また、お米も地元大蔵村産を使用

★ 湯質の良さに評判のある肘折温泉。特にこちらのお宿には、肘折では珍しい展望露天風呂があり、空を眺めながらのんびり入浴できますよ

  • チェックイン後、徒歩約5分
spot6

温泉街に泊まれば無料で!?

肘折温泉 上ノ湯

「肘折温泉 上ノ湯」

肘折温泉の共同浴場。温泉街の中ほどに建ち、地元の人の利用も多い。肘折温泉宿泊者は無料で入浴が可能。

【住所】山形県最上郡大蔵村南山506-3

【TEL】0233-34-6106(大蔵村観光協会)

【営業時間】8:00~18:00(冬季8:00~17:00)

【料金】大人300円、小人150円、入浴券はカネヤマ商店で販売、また肘折温泉宿泊者は無料

★ 温泉街に泊まる楽しみの一つに、共同浴場で地元の人と触れ合うこともあります。「上ノ湯」が無料になるのは、温泉街宿泊者の特権なのでぜひ訪れてみて!

★ 男女別の内湯のみの施設ですが、湯口の上にはお地蔵様の姿があり、優しい笑顔で見守ってくれています

★ 「上の湯」の源泉は、肘折温泉の旅館の多くに引かれている温まりの強い源泉とは異なり、「冷えの湯」と呼ばれるさっぱりした浴感が特徴です

  • 徒歩すぐ
spot7

夜の肘折温泉街を彩る肘折の灯

灯籠絵展示会 ひじおりの灯

「灯籠絵展示会 ひじおりの灯」

2007年夏から始まった肘折温泉の夜を彩るイベント。肘折温泉温泉街 の旅館・商店などの軒先に、肘折の風景や歴史を描いた八角灯篭が灯る。2021年は夏季と秋季に開催。

もっと詳しくみる
  • アート作品でもある灯篭

アート作品でもある灯篭

× 閉じる

【住所】山形県最上郡大蔵村

【TEL】0233-34-6106(大蔵村観光協会)

【営業時間】夏期点灯:2021年7月17日(土)〜8月22日(日)は 旧作灯籠を展示、秋期点灯:2021年9月11日(土)〜10月10日(日)は新作灯籠を展示
点灯時刻18:00〜20:30 (雨天の場合、点灯する灯籠が限られます)

★ 浴衣姿で夜の温泉街に灯る灯篭を見て歩くのは、とてもロマンティック! 灯篭のアートは一つ一つオリジナルなので、お気に入りを探してみて

★ 灯篭の制作はアーティストが肘折温泉に宿泊し、取材することから始まります。ほんのりとした明かりに照らし出される温泉街ならではのアートをお楽しみください

  • 1日目
  • 2日目
  • 3日目
泉よしかより

夫婦で久しぶりに水入らずのお出かけをするなら、浴衣の似合う渋い湯治場系温泉街でのプチ湯治がオススメです。共同浴場の「肘折温泉 上ノ湯」は肘折温泉宿泊者は無料で入浴が可能。のんびり温泉に入ったり、周辺の自然を散策したりしてリラックスしましょう。夜は地酒で仲良く乾杯!

今回ご紹介したスポット

肘折温泉でプチ湯治旅夫婦でのんびり自然満喫

肘折温泉(山形県)を巡る旅はいかがでしたか?オリジナルの旅プラン作成は旅色コンシェルジュにご依頼ください♪

プラン作成依頼はこちらから! ▸

みんなの旅プランナー

あなたにピッタリの旅行プランをお届けする、旅のプロたちが大集合。そのエリアの王道から穴場スポットまで、このプランナーたちがご案内!

  • 旅色コンシェルジュ

    これまで作成したプラン数は約8,000件!あらゆるニーズに応える。旅プランの無料作成もお任せあれ。

  • 旅色編集部

    女子旅やカップル旅などを考えるのが得意。定番スポットに加え、知る人ぞ知るお店の情報網も。

  • ロッキング大阪

    ウォーキングガイド「Rocking Osaka」。通訳案内士の知見を生かした、土地や歴史を知るプランニングが得意。

  • 泉よしか

    温泉ソムリエマスター、温泉観光実践士。紹介範囲はキレイ系温泉からマニアックな秘湯まで幅広い。

  • 人力車えびす屋

    全国10拠点で観光人力車を営んでいます。エリアに詳しい俥夫の目線とお客様の声を集めてルートをご案内。

  • 『SAVVY』
    竹村匡己編集長

    出生地は京都は伏見。でも稲荷的な伏見ではない。保険会社のSEを経て京阪神エルマガジン社入社。

  • 『TRANSIT』
    林紗代香編集長

    岐阜県生まれ。大学卒業後いくつかの雑誌編集部を経て、2008年の創刊時より『TRANSIT』に参加。

  • 『散歩の達人』
    土屋広道編集長

    1972年埼玉県生まれ。『旅の手帖』などの編集部を経て、2008年より『散歩の達人』編集部所属。

  • 土庄雄平

    日本深掘りサイクリスト・山岳トラベルライター。アウトドアを中心に、直に感じた日本の魅力を発信する。

  • 『おでかけわんこ部』
    田合恵子編集長

    愛犬とのおでかけ情報メディアを運営。愛犬はポメラニアン。飼い主目線の情報が得意。

  • KENJI PERM CAMP

    ソロキャンプYoutuber。絶景とご当地グルメを求め、自作キャンピングカーで旅をするのが好き。

  • 福井県観光連盟

    福井のことならお任せあれ! 地元ならではの視点で、福井の魅力満載の旅プランをご案内。

  • 俳優・渡部豪太

    1986年、茨城県出身。茨城のニッチなことを伝える観光大使。温泉好きで、常に手ぬぐいを持参する。

  • 吉野りり花

    鹿児島出身の旅エッセイスト。招福や厄除、疫病除けを願う「まじない食」を探して旅している。

  • 中島誠子

    元旅行会社勤務。現在は3児のママで、子連れ旅を楽しむ旅マニア。ホテルもキャンプも大好き。

  • 岩瀬大二

    酒旅ライター、ワインナビゲーター、MC。酒と旅の幸せな時間を求めて、日本全国どこまでも。

  • YUJI

    大阪を中心に関西のカフェやグルメを巡る料理人。オシャレでおいしい旅の情報なら、おまかせを!

旅色コンシェルジュとは

旅のご予定やご要望をもとに、ホテル・旅館の予約代行や、旅のプランをご案内する無料サービスです。

プラン作成をご希望の方はこちら
↓↓↓