誰と旅行する?

× 閉じる

どんな気分?

× 閉じる

都道府県から探す

× 閉じる

※新型コロナウイルス感染防止のため全国で臨時休業・休館、サービス提供状況の変更が発生しています。お出かけの際はご注意ください。

三崎でマグロ三昧!海の絶景も楽しむ友達旅
Plan337
更新日:2021/04/25

三崎でマグロ三昧!
海の絶景も楽しむ友達旅

三崎、逗子(神奈川県) 予算:11,000円〜
予算について
予算について

・旅行する時期やタイミングにより変動いたします。あくまでも目安ですので、旅行前にご自身でご確認ください。
・料金は1名あたりの参考価格で、宿泊施設は1泊2食付き週末料金参考にしています。

× 閉じる
  • 友達との旅がしたい
  • 近場旅がしたい
  • マグロ・魚介が大好き!
  • SNS映えスポットに行きたい

全体スケジュール

  • 1日目
*1日目の過ごし方

Spot.1まるよし食堂

Spot.2馬の背洞門

Spot.3うらりマルシェ

Spot.4グルメ館豊魚

Spot.5長井海の手公園・ソレイユの丘

Spot.6海沿いのキコリ食堂

1日目START!!
八王子市
  • 車約1時間50分
spot1

三崎のマグロを贅沢に味わおう

まるよし食堂

「まるよし食堂」

全国有数のマグロの水揚げ港としても有名な宮川港で獲れる新鮮な海鮮を使った定食や丼ものなどが味わえると人気の食事処。名物の「海かけ丼」のほか、マグロのカマをのせた「カマトロ漬け丼」など、三崎のマグロを贅沢に味わおう。

もっと詳しくみる
  • 内観

内観

× 閉じる

【住所】神奈川県三浦市宮川町11ー30

【TEL】046-882-3579

【営業時間】10:00~16:00(LO15:30)

【定休日】木曜日

★ 旅のスタートはマグロ丼を! 港から少し離れていますが捕れたて新鮮のマグロや地魚が味わえ地元の方にも愛されている食堂です

★ 朝10時からオープンしているので、朝食として贅沢に名物「海かけ丼」を味わえます。マグロのすき身や芽かぶが乗った丼にきっと箸が止まらないはず

  • 車約10分
spot2

三浦を代表する絶景スポット

馬の背洞門

「馬の背洞門」

城ヶ島の中央部南端に位置する海蝕洞穴。長い年月をかけて海からの浸食でできた約8mもの高さがある洞穴で、「巡り洞門」や「めがね岩」とも呼ばれている。穴からは雄大な太平洋が望め、その美しい景色は必見。

もっと詳しくみる
  • 日の出の様子

  • 星空観賞もおすすめ

日の出の様子

星空観賞もおすすめ

前の写真 次の写真
× 閉じる

【住所】神奈川県三浦市三崎町城ケ島

【TEL】046-888-0588(三浦市観光協会)

★ 長い年月を経てつくられた三浦を代表する絶景スポット。岩の間にある空洞から美しく覗く太平洋を眺めてみましょう

★ こちらに来たら、ぜひ記念撮影を! おすすめの撮り方は「馬の背洞門」全体を背景にしつつ、穴の周りに集まって撮る方法です。ベストポジションを探してみて

  • 車約10分
spot3

活気ある産直市場をぶらり

うらりマルシェ

「うらりマルシェ」

地元で採れた新鮮野菜が並ぶ「やさい館」や、マグロをはじめとした地物の魚や加工品などの水産物を扱う「さかな館」を有する海辺のマルシェ。カフェなども併設されているので、買い物がてらに三浦グルメを楽しむのもおすすめ。

もっと詳しくみる
  • さかな館

  • やさい館

さかな館

やさい館

前の写真 次の写真
× 閉じる

【住所】神奈川県三浦市三崎5ー3ー1

【TEL】046-881-6721

【営業時間】9:00~17:00、日曜日7:00~17:00

【定休日】無休

★ 海産物はもちろん、三浦産の野菜なども並ぶ産直市場。一階のさかな館では、さまざまな部位マグロやしらす、干物や海藻類なども盛りだくさん!

★ お総菜や食べ歩きグルメもマグロにこだわり、まぐろの尾の身が入った「とろまん」「まぐろコロッケ」、「まぐろの串カツ」さらには「まぐろジェラート」まで! 市場を散策するだけで楽しいスポットです

  • 車約15分
spot4

水揚げされたばかりの魚をリーズナブルに

グルメ館豊魚

「グルメ館豊魚」

その日に水揚げされたばかりの新鮮な魚介類を使った刺身や寿司、煮付けなどの定食料理がリーズナブルに楽しめる食事処。1階には地魚や三浦野菜を扱う食品店もあるので、食事の前後にショッピングも楽しめる。

もっと詳しくみる
  • 外観

  • 内観

外観

内観

前の写真 次の写真
× 閉じる

【住所】神奈川県三浦市南下浦町菊名751ー10 鈴木水産三崎ジャンボ市場2F

【TEL】046-889-1616

【営業時間】11:00~21:00(LO20:30)

【定休日】年末年始

★ 次のマグロは、三浦を代表するマグロ問屋の直営店で! 刺身や天ぷら、焼き魚、煮付けとさまざまな食べ方でマグロが味わえます

★ おすすめは「三崎鮪カマ定食」。こちらは大・中・小と大きさを選べるので、小食な方でも安心してご注文いただけます。お盆の上に乗った肉厚のカマに驚くこと間違いなし!

  • 車約15分
spot5

大型遊具でカロリー消費も♪

長井海の手公園・ソレイユの丘

「長井海の手公園・ソレイユの丘」

三浦半島・長浜海岸近くにある体験型公園。相模湾、富士山、湘南を望む岬にあり、自然豊かな園内には、大型遊具で遊べるエリアや動物と触れ合える広場、また手作りピザを体験できる施設など、さまざまなアクティビティが充実。

もっと詳しくみる
  • ゴーカート

  • ソレイユ☆パイレーツ

  • ふれあい動物村やぎ

  • ふれあい動物村カピバラ

  • 公園入口

ゴーカート

ソレイユ☆パイレーツ

ふれあい動物村やぎ

ふれあい動物村カピバラ

公園入口

前の写真 次の写真
× 閉じる

【住所】神奈川県横須賀市長井4丁目

【TEL】046-857-2500

【営業時間】3~11月:9:00~18:00、12~2月:9:30~17:00 、<温浴施設「海と夕日の湯」>15:00〜21:00(最終入館20:30)  ※メンテナンス等により、変更・休館する場合があります

【定休日】無休

【料金】入場無料

★ 子供から大人まで遊べるスポット。「芝そりゲレンデ」やゴーカート、アスレチックなど、広大な敷地でさまざまなレジャーを楽しむことができます。グルメをたくさん楽しんだ後は、思い切り体を動かしましょう!

  • 車約15分
spot6

鎌倉の海辺でゆったりと夕食を

海沿いのキコリ食堂

「海沿いのキコリ食堂」

由比ヶ浜海水浴場にほど近い国道134号線沿いにあるレストラン。店の名物は、鎌倉野菜かき揚げ、三崎マグロのレアカツ、湘南釜揚げシラスのミニ丼、「みやじ豚」のトンテキなどの自慢料理を一度に味わえる「全部のせ切り株定食」。

もっと詳しくみる
  • 海辺でいただくバーベキュー

海辺でいただくバーベキュー

× 閉じる

【住所】神奈川県鎌倉市材木座6-4-7 山ノ上ビル

【TEL】0467-81-4723

【営業時間】詳しくはHPをご確認ください

【定休日】詳しくはHPをご確認ください

SNS

★ 目の前に海が広がる絶好のロケーションで、この日最後のマグロをいただきましょう! こちらでは定食メニューはもちろん、バーベキューも楽しむことができるので、お好きなスタイルで夕食を楽しんでみて

★ おすすめの定食メニューは「全部のせ切り株定食」。三崎鮪のレアカツや湘南の釜揚げシラス丼など、地元の海の幸がぎっしり!

Text:UNTRACE inc.
掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright MAPPLE, Inc.

帰路へ

  • 1日目
旅色コンシェルジュより

「家から近い場所で、日帰り旅行を楽しみたい」という方は、三浦半島でドライブしながら名物のマグロを味わう旅はいかが? でも、せっかくなら海鮮丼だけはもったいない! いろんな食べ方を楽しみましょう。途中には絶景スポットや体を動かせる公園など、楽しくお腹を休ませる時間も♪

今回ご紹介したスポット

三崎でマグロ三昧!海の絶景も楽しむ友達旅

三崎、逗子(神奈川県)を巡る旅はいかがでしたか?オリジナルの旅プラン作成は旅色コンシェルジュにご依頼ください♪

プラン作成依頼はこちらから! ▸

みんなの旅プランナー

あなたにピッタリの旅行プランをお届けする、旅のプロたちが大集合。そのエリアの王道から穴場スポットまで、このプランナーたちがご案内!

  • 旅色コンシェルジュ

    これまで作成したプラン数は約8,000件!あらゆるニーズに応える。旅プランの無料作成もお任せあれ。

  • 旅色編集部

    女子旅やカップル旅などを考えるのが得意。定番スポットに加え、知る人ぞ知るお店の情報網も。

  • ロッキング大阪

    ウォーキングガイド「Rocking Osaka」。通訳案内士の知見を生かした、土地や歴史を知るプランニングが得意。

  • 泉よしか

    温泉ソムリエマスター、温泉観光実践士。紹介範囲はキレイ系温泉からマニアックな秘湯まで幅広い。

  • 人力車えびす屋

    全国10拠点で観光人力車を営んでいます。エリアに詳しい俥夫の目線とお客様の声を集めてルートをご案内。

  • 『SAVVY』
    竹村匡己編集長

    出生地は京都は伏見。でも稲荷的な伏見ではない。保険会社のSEを経て京阪神エルマガジン社入社。

  • 『TRANSIT』
    林紗代香編集長

    岐阜県生まれ。大学卒業後いくつかの雑誌編集部を経て、2008年の創刊時より『TRANSIT』に参加。

  • 『散歩の達人』
    土屋広道編集長

    1972年埼玉県生まれ。『旅の手帖』などの編集部を経て、2008年より『散歩の達人』編集部所属。

旅色コンシェルジュとは

旅のご予定やご要望をもとに、ホテル・旅館の予約代行や、旅のプランをご案内する無料サービスです。

プラン作成をご希望の方はこちら
↓↓↓