誰と旅行する?

× 閉じる

どんな気分?

× 閉じる

都道府県から探す

× 閉じる

※新型コロナウイルス感染防止のため全国で臨時休業・休館、サービス提供状況の変更が発生しています。お出かけの際はご注意ください。

出雲大社や表参道を歩くグルメも楽しむ開運旅
Plan054
更新日:2019/11/22

出雲大社や表参道を歩く
グルメも楽しむ開運旅

出雲、松江(島根県) 予算:40,000円〜
予算について
予算について

・旅行する時期やタイミングにより変動いたします。あくまでも目安ですので、旅行前にご自身でご確認ください。
・料金は1名あたりの参考価格で、宿泊施設は1泊2食付き週末料金を参考にしています。

× 閉じる
  • 友達との旅がしたい
  • 出雲大社に行ってみたい
  • 島根グルメを味わいたい
  • 街歩きを楽しみたい

全体スケジュール

  • 1日目
  • 2日目
*1日目の過ごし方

Spot.1蕎麦処八雲

Spot.2稲佐の浜

Spot.3出雲大社

Spot.4神門通り

Spot.5出雲大社勢溜前ご縁横丁 ぜんざい餅

Spot.6皆美館

1日目START!!
出雲空港
  • 出雲市駅までリムジンバス約30分
  • 正門前(出雲大社)までバス約23分
  • 徒歩約5分
spot1

本場の出雲そばを食べよう 

蕎麦処八雲

「蕎麦処八雲」

朱塗りの器に入ったそばに、つゆを直接かける出雲名物「割子(わりご)」そばの店。午前9時の開店から観光客で賑わう人気店。細めのそばと甘辛のつゆのバランスがよく、食べやすくそばの香りを堪能できる。

【住所】島根県出雲市大社町杵築東276-1

【TEL】0853-53-0257

【営業時間】9:00~16:00

【定休日】不定休

★ 人気は天ぷら割子そば。素麺の天ぷらは扇を広げたような形になっています。ほかにも、海老、ししとう、椎茸、はじかみ生姜、大葉、海苔などボリューム満点!

  • 徒歩約10分
spot2

さっそく、パワースポットへ

稲佐の浜

「稲佐の浜」

出雲大社から西へ徒歩20分ほどの海岸。旧暦10月10日に、全国から参集する八百万の神が降り立ち、出雲大社へと歩を進める場所とされている。出雲大社境内の素鵞社(そがのやしろ)でお砂をいただく際は、まずこちらへ出向こう。

【住所】島根県出雲市大社町杵築北稲佐

【TEL】0853-53-2112(出雲観光協会)

★ 「素鵞社」のお砂をいただくまでの手順はコチラ。

①出雲大社から徒歩約10分歩き稲佐の浜へ行く

②弁天島に祀られている豊玉毘古命(とよたまひこのみこと)様に合掌

③稲佐の浜の砂を少しいただく

④出雲大社に参拝する

⑤出雲大社奥の素鵞社に参拝する

⑥参拝後、砂をいただく

  • 徒歩約10分
spot3

旅の目的地に到着~!

出雲大社

「出雲大社」

縁結びの神として名高い大国主大神を祀り、年間約200万人もの参拝者が訪れる神社。平成25(2013)年に「平成の大遷宮」のひとつの節目とされる本殿遷座祭が斎行され、全国からいっそう良縁を求めにくる人が増えている。

【住所】島根県出雲市大社町杵築東195

【TEL】0853-53-3100

★ 神社にお参りに行く、つまり神様にお会いしに行く時は、心身を清めた状態を表せる白い服が良いとされる場合もあります

★ 基本は「2礼4拍手1礼」の作法ですが、「5月14日の例祭(大祭礼)」の時は「2礼8拍手1礼」に則って参拝してください

  • 徒歩約4分
spot4

表参道をお散歩

神門通り

「神門通り」

宇迦橋の大鳥居から出雲大社正門まで延びる、約700mの表参道。出雲そばなどの食事処、和スイーツの店やカフェ、山陰地方の特産品やご利益グッズのショップが連なる。まずは「神門通り観光案内所」で周辺地図を手に入れよう。

【住所】島根県出雲市大社町杵築南

【TEL】0853-53-2298(神門通り観光案内所)

  • 徒歩約5分
spot5

和スイーツでエナジーチャージ

出雲大社勢溜前ご縁横丁 ぜんざい餅

「出雲大社勢溜前ご縁横丁 ぜんざい餅」

創業明治5年の老舗の和菓子店。ぜんざい発祥の地・出雲にて、地元素材にこだわり、和菓子を作り続けている。出雲大社の目の前に位置する大社神門店限定販売の「ぜんざい餅」は、食べ歩きにもぴったりの名品。

【住所】島根県出雲市大社町杵築南840-1

【TEL】0853-53-5026

【営業時間】9:00~17:00※夏季は9:00~18:00

【定休日】不定休

【料金】600円

SNS

★ ぜんざいは出雲が発祥の地です。B1グランプリにも出品した「紅白餅入り出雲ぜんざい」もおすすめ

  • 出雲大社前駅まで徒歩約5分
  • 川跡駅まで電車約11分
  • 松江しんじ湖温泉駅まで電車約48分
  • 下車徒歩約11分
spot6

枯山水の庭園が見事な宿へ

皆美館

「皆美館」

宍道湖のほとりに立つ、島崎藤村をはじめ多くの文人墨客が愛した130年の歴史を持つ老舗旅館「皆美館」。湖を望む展望温泉風呂付きの客室など個性の異なる14の客室が、さまざまな旅のニーズに応えてくれる。

【住所】島根県松江市末次本町14

【TEL】0852-21-5131

SNS

Text:Shoko Okai
掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C)2015 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

  • 1日目
  • 2日目
旅色コンシェルジュより

出雲大社をはじめ有名な観光スポットがある島根県には、数多くのパワースポットが存在します。主に縁結びに効果があるといわれているので、恋人募集中の女子旅はもちろん、有名な観光地を訪れたいご夫婦にもおすすめのプランです。

今回ご紹介したスポット

出雲大社や表参道を歩くグルメも楽しむ開運旅

出雲、松江(島根県)を巡る旅はいかがでしたか?このプランを参考にオリジナルのプラン作成を旅色コンシェルジュが可能です!

プラン作成依頼はこちらから! ▸

みんなの旅プランナー

あなたにピッタリの旅行プランをお届けする、旅のプロたちが大集合。そのエリアの王道から穴場スポットまで、このプランナーたちがご案内!

  • 旅色コンシェルジュ

    これまで作成したプラン数は約8,000件!あらゆるニーズに応える。旅プランの無料作成もお任せあれ。

  • 旅色編集部

    女子旅やカップル旅などを考えるのが得意。定番スポットに加え、知る人ぞ知るお店の情報網も。

  • ロッキング大阪

    ウォーキングガイド「Rocking Osaka」。通訳案内士の知見を生かした、土地や歴史を知るプランニングが得意。

  • 泉よしか

    温泉ソムリエマスター、温泉観光実践士。紹介範囲はキレイ系温泉からマニアックな秘湯まで幅広い。

  • 人力車えびす屋

    全国10拠点で観光人力車を営んでいます。エリアに詳しい俥夫の目線とお客様の声を集めてルートをご案内。

  • 『SAVVY』
    竹村匡己編集長

    出生地は京都は伏見。でも稲荷的な伏見ではない。保険会社のSEを経て京阪神エルマガジン社入社。

  • 『TRANSIT』
    林紗代香編集長

    岐阜県生まれ。大学卒業後いくつかの雑誌編集部を経て、2008年の創刊時より『TRANSIT』に参加。

  • 『散歩の達人』
    土屋広道編集長

    1972年埼玉県生まれ。『旅の手帖』などの編集部を経て、2008年より『散歩の達人』編集部所属。

旅色コンシェルジュとは

旅のご予定やご要望をもとに、ホテル・旅館の予約代行や、旅のプランをご案内する無料サービスです。

プラン作成をご希望の方はこちら
↓↓↓