旅色アンバサダーの旅スタイル 旅色アンバサダーの旅スタイル
恋愛旅恋愛旅

「旅先で彼にプロポーズはアリ?」リアルなお悩みから恋愛旅をアドバイス

全国
    TABIIRO Ambassador
    くじら
    恋愛旅恋愛旅

    くじら

    恋愛マスターくじらです。
    今回はこれまでとちょっと趣向を変えて、実際にあった恋愛相談から旅に関連するアドバイスをしてみたいと思う。

    実際にあった相談内容「彼のプロポーズを待つべき?」

    マッチングアプリで出会い、付き合って半年の彼がいます。
    彼はこの春から仕事で忙しい部署に配属され、心に余裕がないようです。交友関係の広い彼は、休みの日も友人や職場の人との約束が多いです。とは言え、週1で会えています。

    お互いに今年で30歳。「彼とこの先も一緒にいたい、結婚したい」と考えるようになりました。彼から具体的な話はありません。過去の話ですが、出会ったマッチングアプリの"結婚に対する意思"という項目に彼は「すぐにでもしたい」と答えてありました。最近は、自分の貯金額の話や、結婚したらお小遣い制でいいとか、そんな話はされましたが明確なことは聞けていません。
    私から私と結婚する意思について直球で聞いて良いのか、それとも今は二人の絆を深めることに努めて自然に彼がプロポーズしてくれるのを待つのか、悩んでいます。
    今週、そんな彼と旅行へ行きます。そのときに手紙を渡そうと計画中です。感謝の気持ちと共に、私は彼との将来を考えていることを伝えるのは重すぎるのでしょうか?

    恋愛マスターくじらの回答「結婚という形を自分から作りにいけ」

    彼女の中には「結婚してもらう」っていう意識が潜んでるよね。
    オレは常々言ってるんだけど、女性だから「愛されたい」とか「選ばれたい」「結婚してもらいたい」っていうのは女性の地位が低かった時代からの思い込みなんだよ。

    今は男も女も選ぶ側でいいの。
    そもそも選ばれるっていうのは相手次第で自分ではどうにもならないこと。自分でどうにもならないことに自分をゆだねるほど苦しくなることってないんだよ。

    「愛されたい」女たちが苦しんでいる理由がここにある。
    男も女も愛する側でいいんだよ。
    愛は対等だからこそ価値がある。

    だから今回、プロポーズをしてくれない彼に対して、彼女のほうから自分の気持ちを伝えるっていうのは本当にいいこと。受け身ではなく、自分から愛を掴みにいくっていう姿勢は男も女も崩しちゃいけないのだ。

    プロポーズは男からなんていうのも思い込みに過ぎない。プロポーズして、婚約指輪買って、結婚式やって、新婚旅行行って、なんていうのを全部男がやってたら急に何百万ってお金がかかったりする。そりゃ結婚に二の足を踏む男が多くなるのも当然だ。

    人間は判断が難しい状況に追い込まれると現状維持を選ぶという性質がある。長く付き合っているのに、なかなかプロポーズをしない男が多いのもこれが理由だろう。だからこそ、女性側からプロポーズして、結婚の形を二人で作ってしまえばいいのだ。

    「結婚式も新婚旅行も指輪だって全部折半でいこうよ」なんて伝えたら「じゃあ結婚しようか」って男も増えるよ。彼に結婚してもらおうじゃなくて、結婚という形を自分から作りにいくんだよ。

    彼女はそんな舞台に旅を選んだ。
    「プロポーズをする旅」。

    彼の前で手紙を読みたいなら静かなところがいいんじゃないかな。
    実はオレもプロポーズは手紙でしている。自分が手紙を書きたかったというよりも、奥さんがサプライズ好きで、こういう形を喜んでくれそうだなと思ったからだ。

    しかも4段階のサプライズ。ここで書くと長くなりすぎるのでまた別の機会にするが、奥さんの前で手紙を読むプロポーズの時に思ったのが、人通りが多いと集中できないということだ(笑)近所の神社で夜だったにも関わらず、まぁまぁ人通りがあった。旅でプロポーズをするのなら、静かな場所がいい。旅先の夜の神社だと暗すぎて怖いと思うので、人気のない場所の昼間がいいんじゃないかな。

    旅先によくある地元となんの関連もない観覧車に乗りながらとかもいい。なんの期待もなく乗った観覧車はハードルがとことん低いから、そこでプロポーズなんてされたらかなりフリが効くだろう。

    サプライズがバレてしまいそうで不安だという人は、その前にちっちゃめのサプライズを用意しておくといいだろう。手軽なプレゼントを渡すとかね。サプライズをサプライズで隠すのだ。プレゼントで終わりかと思わせておいて、実は手紙があるっていう仕掛け。オレのプロポーズのサプライズが4段階になったのもそういう経緯だ。

    いかにもプロポーズをしそうな場所よりも、何でもない場所を選ぶ。これが鉄則だ。

    こういうただ川を眺めるためだけのベンチとかね。

    旅先のなんの変哲もない場所が、二人の愛の熱量で最高の思い出の地に変わる。

    オレはそう思っちゃうんだよね。


    恋愛マスターくじら

    旅色アンバサダーって?

    旅色アンバサダーとは
    写真で旅を楽しんだり、趣味を追求する旅に出かけたり、
    自分だけのお気に入りスポットを知っていたり……
    さまざまな職業や分野で活躍する人たちは、
    仕事や生き方だけでなく、
    “旅”へのこだわりも人一倍。旅色アンバサダーは、
    そんな自分だけの特別旅をもっている
    “いま注目の人たち”のことです♪

    鈴木ちなみ 深川麻衣 MICO 木村裕子 ヒロシ とまこ 美優 ぷりあでぃす玲奈 くじら 川瀬良子 古賀麻里沙 村田倫子 大石絵理 フォトジェグループ
    編集部といっしょに旅色を盛り上げませんか?

    旅色アンバサダーが出演するイベントや、最新情報が手に入る!

    新規会員登録受付中!
    全国の関連記事
    全国の記事一覧へ