閲覧履歴
プレゼント応募
みんなの旅プラン みんなの旅プラン

Plan034

更新日:2019/06/20

孫の喜ぶ顔が見たい!
福岡花火大会の旅 エリア:門司・下関(福岡県・山口県)

孫の喜ぶ顔が見たい!福岡花火大会の旅

混雑を避けて花火鑑賞したい

門司港周辺の観光スポットを回りたい

下関グルメを堪能したい

旅のスケジュール

  • 1日目
  • 2日目

小倉駅
車約7分

「小倉城」を散策
車約2分

宿チェックイン/ホテルクラウンパレス小倉
小倉駅まで徒歩約12分、門司港駅まで電車約14分、徒歩約1分

「門司港茶寮」でランチ
徒歩約1分

「旧門司三井倶楽部」を見学
徒歩約1分

「旧大阪商船」に立ち寄り
徒歩約6分

「旧門司税関」でひと休み
徒歩約4分

「門司港レトロ海峡プラザ」を散策
徒歩約5分

「門司港レトロ展望室」で絶景を堪能
打ち上げ場所まで徒歩約15分

いよいよ「関門海峡花火大会」を観賞
門司港駅まで戻り、小倉駅まで電車約15分、下車後タクシーでホテルへ

ホテルクラウンパレス小倉に戻って宿泊

1日目の過ごし方を見る ▶︎

宿チェックアウト
北九州都市高速道路4号線・関門橋経由で車約35分

「唐戸市場」を散策
車約1分

「カモンワーフ」でお土産を物色
車約3分

下関市立しものせき水族館「海響館」

下関ICから帰路へ

2日目の過ごし方を見る ▶︎
×

旅の過ごし方

小倉駅
  • 車約7分

小倉のシンボルを訪問!

小倉城

「小倉城」

かつては15万石大名の小笠原家の居城で、現在は小倉のシンボル。1階には当時の様子を1500体ほどの和紙人形のジオラマで再現。からくり人形の講釈を交えた映像など、ハイテクを駆使した展示が見どころ。

【住所】福岡県北九州市小倉北区城内2-1

【TEL】093-561-1210

【営業時間】9:00~17:30(閉館18:00)、11~翌3月は~16:30(閉館17:00)

【料金】入場料=大人350円、中・高校生200円、小学生100円/北九州市在住者は年長者施設利用証持参で無料、北九州市在住者は療育手帳・身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳持参で本人と同伴者1名無料、団体30名以上2割引あり

・2018年8月から閉館し、改装工事を行っていた「小倉城天守閣」が、2019年3月30日にリニューアルオープン! 天守閣前の広場には小倉ゆかりの剣豪、宮本武蔵と佐々木小次郎のモニュメントが登場し、天守閣周辺のライトアップも完成しました
  • 車約2分

荷物と車を預けて門司港へGO!

ホテルクラウンパレス小倉

「ホテルクラウンパレス小倉」

利便性が高く心から寛げるリバーサイドホテル。“泊まる”だけでなく心から“寛げる”空間づくりをコンセプトに、南欧風のインテリアで統一された館内は居心地がいい。

【住所】福岡県北九州市小倉北区馬借1-2-1

【TEL】093-511-4111

詳細ページ  ▶︎
・チェックインは14:00からですのでお部屋には入れませんが、お荷物と車を預けて身軽に門司港散歩を楽しみましょう
  • 小倉駅まで徒歩約12分
  • 門司港駅まで電車約14分
  • 徒歩約1分

本場の「焼きカレー」を食す

門司港茶寮

「門司港茶寮」

レトロな味を守り続ける「焼きカレー」の店。門司港駅から徒歩約2分の場所にある店は、ガラス窓がレトロな佇まい。店内は和と洋を巧みにミックスしたお洒落な造りで、女性も気軽に入れる雰囲気が魅力。

【住所】福岡県北九州市門司区港町7-8 門司郵船ビル1F

【TEL】093-332-7122

【営業時間】10:00~21:00(LO20:30)

【定休日】不定休

【料金】1,000円~

詳細ページ  ▶︎
・門司港レトロ展望室近くに別館もあり、本館で人気の焼きカレー、黒焼きカレーはもちろん、ハンバーグ入りや野菜の焼きカレー、シーフード焼きカレーなど、豊富なラインアップがそろっています
・門司港周辺の喫茶店で昭和30年代にまかない料理として始まったのが「焼きカレー」の発祥なのだそう
  • 徒歩約1分

大正モダンの雰囲気がそのまま

旧門司三井倶楽部

「旧門司三井倶楽部」

アインシュタインが宿泊した社交場。三井物産がVIPを接待する社交クラブとして使っていた建物。1階はレストラン、2階は林芙美子記念室とアインシュタイン夫妻の宿泊を記念したメモリアルルームになっている。

【住所】福岡県北九州市門司区港町7-1

【TEL】093-321-4151

【営業時間】9:00~17:00(閉館)、レストランは11:00~15:00(閉店)、17:00~21:00(閉店)

・1階にあるレストランでは、社交場だったころの華やかな面影を残す店内で、和洋折衷の会席料理などが味わえます
  • 徒歩約6分

ギャラリーで外の喧噪を忘れよう

旧大阪商船

「旧大阪商船」

尖塔がそびえる優雅なたたずまい。幾何学的な八角形の塔と、煉瓦に見えるオレンジ色のタイルが印象的。北九州市出身のイラストレーターわたせせいぞう氏の作品を展示するギャラリーなどが並ぶコーナーがある。

【住所】福岡県北九州市門司区港町7-18

【TEL】093-321-4151

【営業時間】9:00~17:00(閉館)

【定休日】無休

【料金】入館料=無料/わたせせいぞうギャラリー=大人100円、小人50円/わたせせいぞうギャラリーは北九州在住の高齢者は割引あり、障がい者は証明書持参で入館無料

・以前は燈台の役割も果たしていたというだけあって八角形の高塔が、遠くからでもひときわ目立つ建物です
  • 徒歩約6分

歴史的な館で足を休めよう

旧門司税関

「旧門司税関」

シンメトリーな姿が美しい赤煉瓦館。昭和初期まで税関庁舎として使われていた明治45(1912)年築の洋館。現在の建物は焼失後に再建されたもの。1階は吹き抜けの天井で、休憩所と税関のPRコーナー、2階は展望室がある。

【住所】福岡県北九州市門司区東港町1-24

【TEL】093-321-4151

【営業時間】9:00~17:00(閉館)

【定休日】無休

【料金】無料

・館内には季節のフルーツを楽しめるパーラー「Mooon de retro」もあり、散策中の休憩にぴったりです
  • 徒歩約4分

お土産物もずらり

門司港レトロ海峡プラザ

「門司港レトロ海峡プラザ」

地元の海産物や雑貨、お菓子などが揃う土産店やレストランが集まる、門司を訪れたらぜひ立ち寄りたい商業施設。バルーンアートなどの大道芸や、オルゴールの手作り体験など、子どもと一緒に楽しめるイベントも盛りだくさん。

【住所】福岡県北九州市門司区港町5-1

【TEL】093-332-3121

【営業時間】物販 10:00〜20:00、飲食 11:00〜20:00(店舗により異なる)

【定休日】年中無休

・オルゴールを手造りできる工房や、トリック3Dアートミュージアムなどがあり、お孫さんが楽しめるお店もありますよ
  • 徒歩約5分

夕焼けや夜景がキレイ

門司港レトロ展望室

「門司港レトロ展望室」

地上103mのビュースポット。建築家、黒川紀章氏が設計した高層マンションの31階。ガラス張りの開放的な空間で、眼下に関門海峡が広がる。一角には季節限定のドリンクやケーキが楽しめるカフェを併設。

【住所】福岡県北九州市門司区東港町1-32

【TEL】093-321-4151

【営業時間】10:00~21:30(閉館22:00)、カフェは~20:30(閉店21:00)

【定休日】年4日不定休

【料金】大人300円、小・中学生150円/北九州市・福岡市・下関市在住の65歳以上はシルバー手帳持参で入館料2割引、北九州市在住の障がい者は入館無料

・展望室からは門司港レトロはもちろん、関門橋や対岸の下関市、日本海まで見渡せ、夕景時は息を飲む美しさ、夜になればロマンチックな夜景を楽しめます
  • 打ち上げ場所まで徒歩約15分

いよいよ花火大会を観賞

関門海峡花火大会

「関門海峡花火大会」

開門海峡の両岸で合計約1万5000発の花火が打ち上がる、門司と下関の夏の風物詩。門司側から見る一番の魅力は、都心では上げることが難しい、直径250~350mの大玉花火。開門海峡の夜景と大迫力の花火を楽しもう。

【住所】<門司側>福岡県北九州市門司区西海岸周辺 <下関側>山口県下関市 あるかぽーと下関、海峡ゆめタワー前(22号岸壁)、カモンワーフ、唐戸市場前

【TEL】093-331-8781(関門海峡花火大会実行委員会門司)

【営業時間】開催日時/2019年8月13日19:50〜20:40 ※雨天決行(荒天中止)、順延なし

・鑑賞チケットはセブンチケットなどで購入可能です。※詳しくは関門海峡花火大会のサイトにてご確認ください
  • 門司港駅まで戻る
  • 小倉駅まで電車約15分
  • 下車後タクシー約6分

ホテルに戻って花火の余韻に浸ろう

ホテルクラウンパレス小倉

「ホテルクラウンパレス小倉」

利便性が高いリバーサイドホテル。客室は全てゆとりある造りで、洋室のほかに、畳の香り漂う和室があるのが魅力。紫川河畔のリバーサイドガーデンから続くレストランでは、美しい夜景とともにシェフ自慢の料理が愉しめる。

【住所】福岡県北九州市小倉北区馬借1-2-1

【TEL】093-511-4111

詳細ページ  ▶︎
・ホテルから徒歩約3分のところに天然温泉「華の湯ヒブラン(HIBURAN)」があります。1日の疲れをここで癒やすこともできますよ

明日は、下関の海の幸を堪能! ▸︎

Text:Eri Okada
掲載情報の一部の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C)2015 Shobunsha Publications,Inc. All rights reserved.

今回ご紹介したスポット

旅色コンシェルジュよりひと言

夏の風物詩・花火大会を旅の目的とした今回のプラン。小さいお孫さんを伴った家族旅行は躊躇してしまいがちですが、ところどころで休憩時間を取りながら、楽しく花火大会を過ごしてみてはいかがでしょうか。
旅色コンシェルジュとは

旅のご予定やご要望をもとに、ホテル・旅館の予約代行や、旅のプランをご案内する無料サービスです。

\あなたに合った旅行プランをお届けします!/旅プランをお願いしてみる(無料)